The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 22, 2001 Vol. 345 No. 21

非ステロイド性抗炎症薬とアルツハイマー病のリスク
Nonsteroidal Antiinflammatroy Drugs and the Risk of Alzheimer's Disease

B.A. IN'T VELD AND OTHERS

背景

先行試験において,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が,アルツハイマー病の予防に役立つかもしれないということが示唆されている.しかしながら,これらの試験の結果は一致していない.

方 法

研究開始時に痴呆を発症していなかった 55 歳以上の対象者,6,989 例を対象とした前向きの住民ベースのコホート研究において,NSAIDs の使用とアルツハイマー病および血管性痴呆との関連について検討した.アルツハイマー病のリスクは,薬局記録に記録されていた NSAIDs の使用と関連させて推定した.NSAIDs の服用は,相互に重なり合わない 4 つのカテゴリーに定めた:服用なし,短期間服用(累積服用期間≦1 ヵ月間),中期間服用(累積服用期間 1<~<24 ヵ月間),長期間服用(累積服用期間≧24 ヵ月間).補正は,Cox の回帰分析によって,年齢,性別,教育,喫煙状態,およびサリチル酸製剤,ヒスタミン H2 - 受容体拮抗薬,降圧剤,および血糖降下薬の服用の有無について行った.

結 果

6.8 年間の平均追跡調査期間のあいだに,394 例の対象者に痴呆が現れ,そのうちの 293 例がアルツハイマー病,56 例が血管性痴呆,45 例がその他の型の痴呆であった.アルツハイマー病の相対危険度は,NSAIDs の短期間服用の対象者では 0.95(95%信頼区間,0.70~1.29),中期間服用の対象者では 0.83(95%信頼区間,0.62~1.11),長期間服用の対象者では 0.20(95%信頼区間,0.05~0.83)であった.年齢によるリスクの変動は認められなかった.NSAIDs の服用は,血管性痴呆のリスクの低下には関連していなかった.

結 論

NSAIDs の長期間服用は,アルツハイマー病の発症を抑える可能性があるが,血管性痴呆は予防しないかもしれない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 345 : 1515 - 21. )