The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

January 30, 2014 Vol. 370 No. 5

米国における小児肥満の発生率
Incidence of Childhood Obesity in the United States

S.A. Cunningham, M.R. Kramer, and K.M.V. Narayan

背景

米国における小児肥満の有病率が上昇してきたことは示されているが,発生率についてはほとんど明らかにされていない.われわれは,米国における小学生の肥満発生率を報告する.

方 法

米国で 1998 年に幼稚園に入園した小児の代表的な前向きコホートである,小児期早期縦断的研究(ECLS)の 1998~99 年の幼稚園クラスのデータから,7,738 人を評価した.1998~2007 年のあいだに,体重と身長を 7 回測定した.7,738 人中 6,807 人はベースラインで肥満ではなかった.追跡期間は 50,396 人年であった.米国疾病対策予防センター(CDC)の標準閾値を用いて,「過体重」と「肥満」を定義した.肥満の年間発生率,9 年間の累積発生率,発生密度(人年あたりの症例数)を,全体,男女別,社会経済的地位別,人種または民族別,出生体重別,入園時の体重別に推定した.

結 果

幼稚園に入園した時点(平均年齢 5.6 歳)で,児の 12.4%が肥満,14.9%が過体重であった.8 年生(平均年齢 14.1 歳)になると,20.8%が肥満,17.0%が過体重であった.肥満の年間発生率は,幼稚園期には 5.4%であったのが,5~8 年生の期間には 1.7%に低下した.過体重の 5 歳児は,正常体重児と比較して,肥満になる確率が 4 倍高く(9 年累積発生率 31.8% 対 7.9%),発生率は 1,000 人年あたり 91.5 対 17.2 であった.5~14 歳の期間に肥満になった児では,ベースラインで半数近くが過体重であり,75%は体格指数(BMI)が 70 パーセンタイルを超えていた.

結 論

5~14 歳の期間における肥満の新規発生は,主に幼稚園入園時に過体重であった児において,より低年齢で生じる可能性が高かった.(米国ユニス・ケネディ・シュライバー国立小児保健・人間発達研究所から研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2014; 370 : 403 - 11. )