The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

April 28, 2016 Vol. 374 No. 17

April 28, 2016
Vol. 374 No. 17

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 経カテーテル大動脈弁置換術と外科的大動脈弁置換術との比較
    Transcatheter versus Surgical Aortic-Valve Replacement

    2,000 例を超える患者を対象とした無作為化試験において,経カテーテル大動脈弁置換術は,主要エンドポイントとした術後 2 年の時点での全死因死亡または障害を伴う脳卒中に関して,外科的大動脈弁置換術と比較して非劣性であった.

  • 骨髄腫に対する経口プロテアソーム阻害薬イキサゾミブ
    Ixazomib, an Oral Proteasome Inhibitor, in Myeloma

    レナリドミド+デキサメタゾンレジメンに経口プロテアソーム阻害薬イキサゾミブを追加したレジメンでは,プラセボを追加したレジメンと比較して,無増悪生存期間に約 6 ヵ月の有意な延長が認められ,血小板減少症のリスクにわずかな上昇が認められた.

  • チンパンジーアデノウイルスエボラワクチン
    Chimpanzee Adenovirus Ebola Vaccine

    イングランドの健常ボランティア 76 例を対象とした第 1 相試験で,1 価のチンパンジーアデノウイルスワクチンの単回接種によって,エボラウイルスに対する免疫反応が誘発された.この免疫反応は,修飾ワクシニアウイルスアンカラ株による追加免疫を行った例で増強された.

  • アフリカと欧州におけるエボラワクチン試験
    Ebola Vaccine Trials in Africa and Europe

    4 件の第 1 相試験において,組換え水疱性口内炎ウイルス(rVSV)をベースにしたエボラワクチンは,エボラウイルス特異的な免疫反応を誘導し,発熱と,一過性の関節炎,発疹,rVSV ウイルス血症などの副反応と関連していた.

REVIEW ARTICLE

  • 医療従事者が受ける暴力
    Violence against Health Care Workers

    医療従事者が受ける職場暴力は,実際より少なく報告されており,研究も少ない.そのリスクを低減しうる方法を知るためには,さらに多くのデータが必要である.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 大西洋上空を飛行中に片麻痺と失語を呈した女性
    A Woman with Hemiplegia and Aphasia during a Transatlantic Flight

    49 歳の女性が,大西洋上空を飛行中に片麻痺と失語を呈し,2 時間後に救急部に搬送された.診察にて,急性期脳梗塞を示す所見が認められた.さらなる診断検査が行われた.

PERSPECTIVE

  • 癌撲滅の「ムーンショット」の一端をマラウイにも
    Moonshot to Malawi

    マラウイのような低所得国では,世界で何十年も行われている癌とのたたかいの具体的な成果を享受することがむずかしい.癌の科学における「月面」,すなわち撲滅という壮大な目標に向かうことは重要であるが,公正かつ公平な世界に向かうことも重要である.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 悪性黒色腫との鑑別に難渋した口腔内のアマルガム色素沈着
    Oral Amalgam Tattoo Mimicking Melanoma

    悪性黒色腫との鑑別に難渋した口腔内のアマルガム色素沈着

    悪性黒色腫の既往も家族歴もない 49 歳の女性が,舌に出現した口腔悪性黒色腫を示唆する無症候性の色素性病変で受診した.患者は病変が出現する 3 ヵ月前に歯科処置を受けていた.

NEJM QUICK TAKE

  • 大動脈弁置換術
    Aortic-Valve Replacement

    大動脈弁置換術

    高度リスクの重症大動脈弁狭窄症患者において,経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)は開胸手術に代わる,低侵襲の治療法である.TAVR の適応基準は,軽度~中等度リスクの患者にも拡大することができるであろうか? 最新の研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • たばことの次なるたたかい
    The Next Tobacco Fight

    Michelle Mello が,若年者がたばこを手にする機会を減少させることをねらいとした法律について論じている.