The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

February 4, 2016 Vol. 374 No. 5

February 4, 2016
Vol. 374 No. 5

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • ドナー候補者における腎不全リスク予測
    Kidney-Failure Risk Projection for the Donor Candidate

    この研究では,米国人口の末期腎不全(ESRD)発生率と死亡率で調整したリスク関連性を検討し,ESRD の長期発生率を予測した.非ドナーにおけるリスク予測値は,ドナーにおいて腎提供後 15 年間に観察されたリスクよりも低かった.

  • 急性骨髄性白血病の予後
    Prognosis in Acute Myeloid Leukemia

    急性骨髄性白血病の治療を目的として遺伝子予後マーカーの同定を試みた臨床試験において,NPM1 変異の存在によって検出される微小残存病変から,他の危険因子とは独立した予後情報が得られることが明らかにされた.

  • 非糖尿病の肥満妊娠女性におけるメトホルミン
    Metformin in Obese Pregnant Women without Diabetes

    メトホルミンはインスリン感受性を高めるため,この試験では非糖尿病の肥満妊娠女性を対象に,メトホルミンとプラセボとを比較した.出産前にメトホルミンを投与した場合,母親の体重増加量は減少したが,新生児の出生体重は減少しなかった.

  • 小児の重度栄養失調に対するアモキシシリン
    Amoxicillin for Severe Malnutrition in Children

    重度の急性栄養失調の治療に抗菌薬のルーチン投与が行われているが,その役割は明らかにされていない.ニジェールで行われた無作為化プラセボ対照試験では,重度の急性栄養失調児にアモキシシリンを投与しても,栄養回復の有意な改善は認められなかった.

REVIEW ARTICLE

  • 乳癌・卵巣癌のリスク低減手術
    Risk-Reducing Surgery in Breast and Ovarian Cancer

    BRCA1BRCA2 などの遺伝子に変異がある女性における乳癌・卵巣癌のリスクは,もっとも高いリスクにさらされている臓器を切除する手術によって低減できる.どのような手術を,いつ行うべきかを決定するのに役立つデータが示されている.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • ダンスができる状態から衰弱へ
    From Dancing to Debilitated

    高血圧,高脂血症,胃食道逆流症,成人発症糖尿病の既往のある 69 歳の男性が,疲労と,1 年間で 14 kg の意図しない体重減少がみられたため受診した.

PERSPECTIVE

  • 忍容できるリスク?
    Tolerable Risks?

    少年アメリカンフットボールからタックルをなくせば,脳震盪やその他の重度外傷の発生率が低下する可能性があるという知見が得られたにもかかわらず,米国小児科学会は,成人による監督の強化を提案しただけであった.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • コカイン誘発性冠攣縮
    Cocaine-Induced Coronary-Artery Vasospasm

    コカイン誘発性冠攣縮

    58 歳の女性が,間欠的な非労作性の胸痛を訴えて受診した.2 ヵ月前にも同様の症状で入院しているが,そのときの冠動脈造影では解剖学的異常は認められなかった.経胸壁心エコーにて心膜液貯留が認められた.NEJM.org で動画をご覧いただけます.

NEJM QUICK TAKE

  • 重度急性栄養失調に対するアモキシシリンのルーチン投与
    Routine Amoxicillin for Severe Acute Malnutrition

    重度急性栄養失調に対するアモキシシリンのルーチン投与

    重度の急性栄養失調は細菌感染症を合併していることが多く,WHO は,1999 年に重度の急性栄養失調児に対する抗菌薬のルーチン投与を推奨した.このような治療は有益なのであろうか? 最新の研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE INTERACTIVE GRAPHIC

  • 世界の医療制度
    International Health Care Systems

    カナダ,スウェーデン,米国,イングランド,中国,ドイツ,ブラジル,インド,オーストラリア,オランダ,トルコ,日本,スイス,チリの医療制度の特徴と,これらの国々で達成された健康転帰を示す双方向性のグラフが,フランスを加え更新された.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 少年の頭部を守る
    Protecting Young Heads

    Steven DeKosky が,少年アメリカンフットボール,頭部外傷,米国小児科学会が発表した方針について論じている.