The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

December 1, 2016 Vol. 375 No. 22

December 1, 2016
Vol. 375 No. 22

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 女性の HIV-1 感染予防のためのダピビリン含有腟リング
    Dapivirine Vaginal Ring to Prevent HIV-1 in Women

    HIV-1 の感染を予防する方法の開発は世界的優先事項である.サハラ以南のアフリカで行われた無作為化比較試験で,抗レトロウイルス薬ダピビリン含有腟リングは,HIV-1 感染防御効果がプラセボよりも 27%高かった.

  • 女性の HIV 感染予防のためのダピビリン含有腟リング
    Dapivirine Vaginal Ring for HIV Prevention in Women

    HIV-1 の感染を予防する方法,なかでも女性主導の予防法の開発は優先度が高い.南アフリカとウガンダで行われた試験で,ダピビリン含有腟リングは,プラセボと比較して HIV-1 新規感染率が約 30%低下することに関連した.

  • スタチンと PCSK9 阻害薬の比較
    Statins versus PCSK9 Inhibitors

    スタチンは,LDL コレステロールを低下させ,心血管疾患に対する保護作用があり,2 型糖尿病のリスクをわずかに上昇させることが知られている.14 試験 112,772 例の遺伝子多様体の解析により,PCSK9 阻害薬が同様の作用を示す可能性があることが示唆されている.

  • プラチナ製剤感受性の卵巣癌に対するニラパリブ
    Niraparib in Platinum-Sensitive Ovarian Cancer

    プラチナ製剤感受性の再発卵巣癌患者において,PARP 阻害薬ニラパリブは,プラセボと比較して有意に長い無増悪生存期間と関連し,中等度の骨髄毒性が認められた.

  • BCL11B のヘテロ接合性変異による重症複合免疫不全症
    SCID from a Heterozygous BCL11B Mutation

    新生児スクリーニングにより,免疫不全と多臓器分化異常を有する 1 例が同定された.エクソーム解析により,BCL11B のヘテロ接合性変異が認められた.この変異は正常なアレルの機能を阻害する優性阻害変異であることが,先行する機構研究で示されている.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 表面の下を探る
    Scratching Below the Surface

    27 歳の女性が,「奇妙な行動」のため救急搬送された.7 日前に悪心と動悸が出現し,その後,興奮,幻覚,間欠的な筋硬直,上下肢の不随意運動が出現した.

PERSPECTIVE

  • 構造的人種差別と黒人の生に対する支援
    Structural Racism and Supporting Black Lives

    構造的人種差別は,早期死亡率の上昇と健康全般と幸福の水準の低下につながり,その影響は米国社会全体に蔓延している.臨床医や研究者として,われわれは構造的人種差別を廃絶するために権力,特権,責任を行使しているものと思う.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 脊髄損傷における神経性巨大結腸症
    Neurogenic Megacolon in Spinal Cord Injury

    脊髄損傷における神経性巨大結腸症

    四肢麻痺を呈する 44 歳の男性が,尿路感染症状で受診した.著しく大きな間欠的蠕動波が認められた(動画でご覧いただけます).CT にて横行結腸,下行結腸,S 状結腸の広範な拡張が認められた.

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • 産後うつ病
    Postpartum Depression

    産後うつ病はよくみられる疾患であり,母親,乳児,家族に影響を及ぼす.治療は症状の重症度と機能障害の程度によって異なり,社会的支援,心理療法,薬物療法(通常,第一選択治療は選択的セロトニン再取込み阻害薬 [SSRI])などがある.

NEJM QUICK TAKE

  • リング試験と ASPIRE 試験
    The Ring Study and the ASPIRE Study

    リング試験と ASPIRE 試験

    サハラ以南のアフリカでは, 女性の HIV 新規感染率が高い.抗レトロウイルス薬の錠剤やゲルを用いても感染率が低下していないが,これは遵守率が低いことによる可能性がある.女性が月 1 回腟リングを自分で挿入することにより,新規感染は減少するであろうか? 最新の研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • ハウジングファーストの実態
    The Case for Housing First

    Stefan Kertesz が,ホームレスの人々に恒久的支援住宅を提供するプログラムの成功と評価について論じている.