The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

May 29, 1997 Vol. 336 No. 22

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

鼠径部ヘルニア修復に対する従来の腹部手術と腹腔鏡手術の比較
COMPARISON OF CONVENTIONAL ANTERIOR SURGERY AND LAPAROSCOPIC SURGERY FOR INGUINAL - HERNIA REPAIR

M.S.L. LIEM AND OTHERS

背景

鼠径部ヘルニアは,腹腔鏡技法によって修復可能で,小規模試験では開腹手術より良好な結果が得られている.

方 法

無作為多施設臨床試験を実施して,鼠径部ヘルニア患者 487 人を腹膜外腹腔鏡修復によって,そして患者 507 人を従来の腹部手術によって治療した.術後の回復および合併症に関する情報を記録し,術後 1 週と 6 週目,6 ヵ月,そして 1 年と 2 年目に患者の再発の有無を調べた.

結 果

開腹手術群の患者では,6 人に創部の膿瘍を認めたのに対し,腹腔鏡手術群では認めず ( p = 0.03 ),腹腔鏡手術群の患者は開腹手術群の患者より回復が早かった (通常の日常活動を再開するまでの期間の中央値,6 対 10 日; 職場に復帰するまでの期間,14 対 21 日; 運動活動を再開するまでの期間,24 対 36 日; すべての比較について p < 0.001 ).追跡期間の中央値である 607 日目では,開腹手術群の患者 31 人 ( 6% ) が再発したのに対し,腹腔鏡手術群での再発は患者 17 人 ( 3% ) であった ( p =  0.05 ).腹腔鏡手術群では 3 人を除く全員が術後 1 年以内に再発したが,これは手術医によるミスが原因であった.開腹手術群では,患者 15 人が 1 年目に再発し,16 人は翌年に再発した.患者の 97%について完全に追跡調査を実施した.

結 論

腹腔鏡修復を受けた鼠径部ヘルニア患者は,開腹手術修復を受けた患者より回復が早く,再発が少ない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 1541 - 7. )