The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

January 24, 2019 Vol. 380 No. 4

January 24, 2019
Vol. 380 No. 4

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • パーキンソン病の進行に対するレボドパの効果
    Effect of Levodopa on Progression of Parkinson’s Disease

    パーキンソン病に対するレボドパの無作為化遅延開始試験で,1 つの群がレボドパの投与を 80 週間受け,もう 1 つの群は 40 週の時点で開始したが,症状の進行における群間の差は有意ではなかった.

  • 体外受精を受ける予定の女性における子宮内膜スクラッチ
    Endometrial Scratching in Women Undergoing IVF

    子宮内膜スクラッチ(pipelle 生検を用いる)は,体外受精(IVF)を受ける予定の女性の胚着床を促進するために提案された技術である.この多施設共同非盲検無作為化対照試験では,IVF を受ける予定の女性において,子宮内膜スクラッチを行っても,介入を行わない場合と比較して生児出産率が高くなることはなかった.

  • 血栓性血小板減少性紫斑病に対するカプラシズマブと血漿交換との併用
    Caplacizumab plus Plasma Exchange in TTP

    血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)患者において,抗 von Willebrand 因子単一可変領域免疫グロブリンであるカプラシズマブを連日の血漿交換に追加したところ,血小板回復が早まり,TTP 関連死が減少し,再発と血栓塞栓イベントが減少した.

  • 糖尿病患者におけるダパグリフロジン
    Dapagliflozin in Patients with Diabetes

    2 型糖尿病患者を対象とした無作為化試験で,糖の尿中排泄を促進する SGLT2 阻害薬ダパグリフロジンによる治療によって,心血管死亡・心筋梗塞・脳卒中の発生率はプラセボと比較して高くも低くもならなかったが,心不全による入院の発生率は低下した.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 発熱,頭痛,進行性脳症をきたした女性
    A Woman with Fever, Headache, and Progressive Encephalopathy

    片頭痛の既往歴がある 70 歳の女性が,発熱,頭痛,脳症のため,秋に入院した.頭部 MRI で,髄膜脳炎を示唆する所見が小脳半球でもっとも顕著に認められた.診断検査が行われた.

CORRESPONDENCE

  • 前立腺癌予防のためのフィナステリド
    Finasteride for Prevention of Prostate Cancer

    前立腺癌予防のためのフィナステリドに関する最初の報告では,前立腺癌の減少が示されたが,逆説的に高悪性度の腫瘍が増加した.長期にわたる追跡調査とサーベイランスから,前立腺癌による死亡数はフィナステリドによって増加しないことが明らかになった.

PERSPECTIVE

  • 相対評価単位(RVU)の医療,技術,医師の孤独感
    RVU Medicine, Technology, and Physician Loneliness

    入院を短縮し,外来受診を促進するという医療機関の目標が,専門医の孤独感をつのらせており,技術の有意義な進歩が,患者と同僚との隔たりという形の大きな代償を課している.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 放射状角膜切開術
    Radial Keratotomy

    放射状角膜切開術

    41 歳の女性が,過去 20 年間視力が悪化し続けたため眼科クリニックを受診した.細隙灯顕微鏡検査で複数の角膜切開創が認められた.これは放射状角膜切開術歴と一致する所見である.

BRIEF REPORT

  • 頭蓋結合双生児の分離
    Separation of Craniopagus Twins

    頭蓋結合双生児の分離

    頭蓋結合双生児(結合部位が頭蓋)はまれな先天異常を有する.この報告では,生後 10 ヵ月時に集学的チームが最新の技術を用いて行った外科的分離が成功した完全癒合頭蓋結合双生児について述べている.双方向性の図で,3D モデルによって頭蓋結合双生児の外科的分離前の解剖学的構造を示す.

NEJM QUICK TAKE

  • 血栓性血小板減少性紫斑病の転帰を改善する
    Improving Outcomes in TTP

    血栓性血小板減少性紫斑病の転帰を改善する

    血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)では,自己抗体が von Willebrand 因子(VWF)切断プロテアーゼ ADAMTS13 の活性を阻害し,VWF の血小板凝集において血小板が消費され,微小血管血栓症にいたる.それに続く組織虚血と多臓器不全により,血栓塞栓イベントおよび死にいたる場合がある.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 医療の孤独感を減らす
    Making Medicine Less Lonely

    医療の孤独感を減らす

    Ameya Kulkarni が,医師に孤独感をもたらす要因と,有意義な交流の機会について論じている.