The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

March 21, 2019 Vol. 380 No. 12

March 21, 2019
Vol. 380 No. 12

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 腎癌に対するアベルマブ+アキシチニブとスニチニブとの比較
    Avelumab+Axitinib vs. Sunitinib in Renal Carcinoma

    進行腎細胞癌患者 886 例において,アベルマブ+アキシチニブに割り付けられた患者では無増悪生存期間の中央値が 13.8 ヵ月,スニチニブに割り付けられた患者では 7.2 ヵ月であった.グレード 3 以上の毒性の頻度は 2 群で同程度であった.

  • 腎細胞癌に対するペムブロリズマブ+アキシチニブ
    Pembrolizumab plus Axitinib in Renal-Cell Carcinoma

    進行腎細胞癌患者のうち,ペムブロリズマブ+アキシチニブを投与された患者では,スニチニブを投与された患者よりも全生存期間と無増悪生存期間が長く,ペムブロリズマブ+アキシチニブ群のほうがスニチニブ群よりも奏効例が多かった.

  • ADHD に対する刺激薬による精神病
    Psychosis with Stimulants for ADHD

    注意欠陥多動性障害(ADHD)に対し刺激薬の投与を受けていた若年成人 221,846 例において,投薬開始後 60 日以内に精神病のエピソードが認められた患者の割合は,アンフェタミン使用者(0.21%)のほうがメチルフェニデート使用者(0.10%)よりも高かった.

  • 妊娠中の肺塞栓症を診断する
    Diagnosing Pulmonary Embolism in Pregnancy

    CT 肺血管造影は肺塞栓症の標準的な診断法であるが,妊娠女性では,母体と胎児が放射線によるリスクにさらされる可能性がある.診断アルゴリズムによって,肺塞栓症が疑われる妊娠女性の最大 2/3 で CT 肺血管造影を安全に回避することができた.

  • 短報:GC 遺伝子の欠失とビタミン D 結合蛋白欠損症
    Brief Report: GC Gene Deletion and Vitamin D–Binding Protein Deficiency

    58 歳の女性に,ビタミン D 結合蛋白の先天的欠損,カルシウム値正常,骨代謝の軽度異常,重症自己免疫疾患が認められた.この蛋白をコードするグループ特異的成分(GC)遺伝子のホモ接合性欠失が認められ,ビタミン D の代謝に関する新しいデータが得られた.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • レミエール症候群
    Lemierre’s Syndrome

    レミエール症候群

    18 歳の男性が,咽頭痛,発熱,胸膜痛を訴えて受診した.頸部 CT で右内頸静脈の血栓が認められ,血液培養で Fusobacterium necrophorum が増殖した.

VIDEOS IN CLINICAL MEDICINE

  • 手・手首の検査
    Examination of the Hand and Wrist

    手・手首の検査

    この動画では手・手首の解剖と,手根管症候群,ばね指,指屈筋損傷,舟状骨骨折,橈骨遠位端骨折など,手・手首のいくつかの一般的な病態の診断および治療の手順を紹介する.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 心房細動,抑うつ,不安を呈した男性
    A Man with Atrial Fibrillation, Depression, and Anxiety

    心房細動,抑うつ,不安を呈した男性

    大うつ病性障害と全般性不安障害の既往を有する 62 歳の男性が,動悸,呼吸困難,過剰な心配を感じ,不安感が増大しているため精神科クリニックで評価を受けた.診断検査が行われた.

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • Helicobacter pylori 感染
    Helicobacter pylori Infection

    Helicobacter pylori 感染

    H. pylori 感染のリスクが高い人においては,生検標本を直接観察するか,便中抗原測定または尿素呼気試験を行うことが推奨されている.治療の選択は,ペニシリンアレルギーの有無,マクロライド系薬への曝露歴,マクロライド系薬に対する耐性によって決まる.治療後は除菌を確認する検査が推奨されている.

NEJM QUICK TAKE

  • 妊娠中の肺塞栓症と診断的 CT
    Pulmonary Embolism and Diagnostic CT in Pregnancy

    妊娠中の肺塞栓症と診断的 CT

    西欧諸国において,急性肺塞栓症は妊産婦死亡の主要な原因である.しかし,その診断に CT 肺血管造影または肺換気血流スキャンをルーチンに使用すると,母体と胎児の両者を被曝させることになる.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 社会的距離をナビゲートする
    Navigating Social Distance

    社会的距離をナビゲートする

    Laszlo Madaras が,医療機関が想像するところの典型的な患者からは外れた人々のケアについて論じている.