The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 26, 1997 Vol. 336 No. 26

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

台湾での全国的 B 型肝炎ワクチン接種と小児の肝細胞癌の発生率
UNIVERSAL HEPATITIS B VACCINATION IN TAIWAN AND THE INCIDENCE OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA IN CHILDREN

M.-H. CHANG AND OTHERS

背景

台湾では,全域的な B 型肝炎ワクチン接種プログラムが 1984 年 7 月に実施された.肝細胞癌の発症に及ぼすこのプログラムの効果を評価するため,われわれは 1981 ~ 94 年の台湾における小児の肝細胞癌の発生率を調査した.

方 法

ベッド数 50 床以上の 142 の各病院より報告書を受けた台湾の Taiwan's National Cancer Registry から,小児の肝癌に関するデータを収集した.幼少期肝癌に関するデータはまた,台湾の 17 の主要な医療施設からも入手した.肝芽細胞腫の症例の算入を防ぐため,第一義的分析は 6 歳以上の小児における肝癌に限定した.小児の肝癌の死亡率についてもデータを得た.

結 果

6 歳~ 14 歳までの小児の肝細胞癌の平均年間発生率は,1981 ~ 86 年のあいだに小児 10 万人当たり 0.70 から 1986 ~ 90 年のあいだの 0.57 に低下し,1990 ~ 94 年のあいだの 0.36 に低下した ( p < 0.01 ).肝細胞癌の平均年間死亡率も同様に低下した.6 ~ 9 歳の小児の肝細胞癌の発生率は,1974 ~ 84 年のあいだに生まれた小児の 0.52 から,1984 ~ 86 年のあいだに生まれた小児の 0.13 へと低下した ( p < 0.001 ).

結 論

台湾の全域的 B 型肝炎ワクチン接種プログラムの実施により,小児の肝細胞癌の発生率は低下した.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 1855 - 9. )