The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

August 14, 1997 Vol. 337 No. 7

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

高度変異胚中心 B 細胞のクローナル増殖による結節性リンパ球優位型ホジキン病の起源
ORIGIN OF NODULAR LYMPHOCYTE - PREDOMINANT HODGKIN'S DISEASE FROM A CLONAL EXPANSION OF HIGHLY MUTATED GERMINAL - CENTER B CELLS

T. MARAFIOTI AND OTHERS

背景

 結節性リンパ球優位型ホジキン病の異型細胞は,リンパ - 組織球 ( L & H ) 細胞と呼ばれるが,B 細胞の表現型を有する.これらの細胞のクローン性を明らかにするために,われわれは,結節性リンパ球優位型ホジキン病患者 11 人について,個々の L & H 細胞における再配列した免疫グロブリン遺伝子の重鎖 ( VH 遺伝子) 可変領域を調べた.また,同じ患者 6 人では,それらの細胞による免疫グロブリン軽鎖の発現も調べた.

方 法

 CD20 + L & H 単一細胞を顕微鏡技法によって凍結切片から単離した.これらの細胞の再配列 VH 遺伝子をポリメラーゼ連鎖反応 ( PCR ) によって増幅して配列を決定し,ジャームライン VH 遺伝子と比較した.免疫グロブリン軽鎖メッセンジャー RNA ( mRNA ) を in situ ハイブリダイゼーションによって検出した.

結 果

 すべての凍結切片から単離した L & H 細胞 615 個中,160 個が PCR 産物を生じた.患者 11 人のそれぞれにおいて,評価可能な L & H 細胞は,それらが同じ結節,異なる結節から,または異なる組織片から単離されたものであっても,同一の再配列 VH 遺伝子を有していた.L & H 細胞に由来する VH 配列はすべて高度に変異していた ( 7.5 ~ 27.2% ).2 例では,VH 遺伝子のコード能力は変異によって完全に,または部分的に失われていた.6 例にクローン内多様性を認め,単一型の免疫グロブリン軽鎖 mRNA を 6 例に認めた.

結 論

 結節性リンパ球優位型ホジキン病の L & H 細胞は,B 細胞のモノクローナル増殖を表している.VH 遺伝子変異の高発生率およびクローン内多様性の所見から,分化の中心芽球段階での L & H 細胞と胚中心 B 細胞との関連が示唆される.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 453 - 8. )