The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 22, 1998 Vol. 338 No. 4

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

心臓の拍動が停止したドナーからの腎臓移植
TRANSPLANTATION OF KIDNEYS FROM DONORS WHOSE HEARTS HAVE STOPPED BEATING

Y.W. CHO, P.I. TERASAKI, J.M. CECKA, AND D.W. GJERTSON

背景

 最近,心臓が拍動している脳死ドナーからの腎臓に加えて,心拍のないドナー からの腎臓を用いることによって,移植に利用できる死体腎の数を増やす試みがなされている.われわれは,全米臓器分配ネットワークの腎臓移植登録 ( the Kidney Transplant Registry of the United Network for Organ Sharing ) からの集合データに基づき,心拍のないドナーの腎臓を移植する有効性を検討した.

方 法

 心拍のある死体ドナーからの腎臓グラフト 8,718 個と,心拍のないドナーからのグラフト 229 個の初期機能と生着率を比較した.移植はすべて米国内の 64 の移植センターで実施した.Cox 比例ハザ-ド分析を用いて,移植失敗の主な 10 の危険因子を評価した.

結 果

 1 年生着率は,心拍のないドナーからの腎臓グラフトについて 83%,これに対し心拍のあるドナーからのグラフトでは 86%であった ( p = 0.26 ).心拍のないドナーからの腎臓では,外傷のために死亡したドナーからのグラフトの 1 年生着率は 89%であったのに対し,その他の原因により死亡したドナーからのグラフトでは 78%であった ( p = 0.04 ).心拍のないドナーからのグラフトでは初期機能が劣っているにもかかわらず,これらのグラフトの生着率は高かった.すなわち移植後最初の 1 週間に透析を必要としたレシピエントは 48%であり,これに対し心拍のあるドナーからのグラフトのレシピエントでは 22%であった.心拍のないドナーからの腎臓の一次的な移植失敗率は 4%であったのに対し,心拍のあるドナーからの腎臓では 1%であった.

結 論

 心臓の拍動が停止したドナー,とくに外傷のために死亡したドナーからの腎臓の移植は,しばしば成功し,そのようなドナーからの腎臓を利用すれば,死体腎移植の全体的な供給量を増加させることが可能である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 221 - 5. )