The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

March 11, 1999 Vol. 340 No. 10

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

移民における腸内寄生虫の治療戦略の費用効率
The Cost Effectiveness of Strategies for the Treatment of Intestinal Parasites in Immigrants

P. MUENNIG, D. PALLIN, R.L. SELL, AND M.-S. CHAN

背景

現在,米国には,腸内寄生虫が地方病的流行になっている国々から毎年 600,000 人を超える移民が入国している.寄生虫に感染している人々が入国時には無症状ということもあり得るし,糞便検査も寄生虫のスクリーニングに適した感度の検査ではない.アルベンダゾールは,最近,「米国食品医薬品局」(FDA : the Food and Drug Administration)によって承認された新規の広域スペクトルの駆虫剤である.国際試験において,アルベンダゾールが安全で,多種類の寄生虫の駆除に有効であることが示されている.今日の米国では,すべての移民に対して寄生虫のスクリーニング検査を実施すべきかどうか,すべての移民に対して感染しているという推測の下で治療を行うべきかどうか,あるいは症状が現れるまでは何も行わないべきかどうかという点について,意見の一致をみていない.

方 法

予防的な介入を何も行わないこと(経過観察)の費用と有益性を,一般的なスクリーニングあるいは 1 日用量 400 mg のアルベンダゾールによる 5 日間の推測治療の費用と有益性と比較した.腸内寄生虫のリスクを有する移民は,アジア,中東,サハラ砂漠に隣接したアフリカ,東ヨーロッパ,およびラテンアメリカとカリブ海からの米国への移住者と定義した.費用効率は,「ダリー」(DALY : disability-adjuste dlife-year)当りの治療の費用(1 DALY は,病気によって失われる 1 年間の健康な人生と定義されている)という観点と,回避された入院当りの費用という観点の両方から表した.

結 果

寄生虫のリスクを有する全移民に対する推測治療は,経過観察と比較すると,少なくとも 870 DALYs の損失を回避し,最低でも 33 例の死亡と 374 件の入院を防ぎ,1 年当り少なくとも 420 万ドルの費用を節約すると考えられる.スクリーニングは,経過観察と比較すると,損失が回避された DALY 当り 159,236 ドルの費用がかかると考えられる.

結 論

寄生虫のリスクを有するすべての移民に対するアルベンダゾールの推測治療は,人命を救うとともに費用を節約すると考えられる.一般的なスクリーニングは,糞便検査で陽性であった人々に対する治療と同様に,人命は救うものの,推測治療よりも費用効率に劣る.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 773 - 9. )