The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 1, 1999 Vol. 340 No. 13

静脈瘤出血の一次予防における内視鏡的結紮術とプロプラノロールの比較
Comparison of Endoscopic Ligation and Propranolol for the Primary Prevention of Variceal Bleeding

S.K. SARIN, G.S. LAMBA, M. KUMAR, A. MISRA, AND N.S. MURTHY

方 法

食道静脈瘤からの出血の一次予防において,プロプラノロール療法と内視鏡的結紮術の比較を行った.今回のプロスペクティブ比較試験には,出血のリスクの高い大きな静脈瘤(直径> 5 mm)を有していた患者のうち,適格患者全員を順次組み入れて対象とした.これらの適格患者を,試験開始時の心拍数を 25%低下させるのに十分な用量のプロプラノロール療法,または静脈瘤が消退するか,あるいは治療を継続できない程度の大きさに縮小するまで 1 週間間隔で実施する静脈瘤結紮術のどちらかに割り付けた.

結 果

89 例の患者のうち,82 例が肝硬変を合併しており,44 例がプロプラノロールの投与を,残りの 45 例が静脈瘤結節術を受けた.各治療群の追跡調査の平均(± SD)期間は,それぞれ 14 ± 9 ヵ月および 13 ± 10 ヵ月であった.目標とされていた心拍数の低下が得られるまでの平均期間は 2.5 ± 1.7 日であった; 静脈瘤の結紮が完了するまでに実施された結紮術の平均回数は 3.2 ± 1.1 回であった.18 ヵ月後における出血の累積発生率は,プロプラノロール群が 43%,結紮群が 15%であった(p = 0.04).実際には,プロプラノロール群の 12 例と結紮群の 4 例の患者に出血が発生した.結紮群の 4 例の出血患者のうちの 3 例は,静脈瘤が消退する前に出血が起った.静脈瘤の再発は,結紮群の 9 例の患者に認められ,その初回治療から再発までの平均期間は 3.7 ヵ月であった.各群の死亡例はどちらも 5 例であった; 死因が静脈瘤からの出血であったのは,プロプラノロール群の 4 例と結紮群の 3 例の患者であった.静脈瘤結紮術には重篤な合併症は認められなかった; プロプラノロール群では,副作用のために 2 例の患者で治療が中止された.

結 論

高リスク食道静脈瘤の患者における静脈瘤出血の一次予防では,静脈瘤の内視鏡的結紮術が安全で,しかもプロプラノロールよりも有効である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 988 - 93. )