The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 11, 1999 Vol. 341 No. 20

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

結腸直腸ポリープの検出に おける大腸内視鏡検査のバーチャル法と従来法の比較
A Comparison of Virtual and Conventional Colonoscopy for the Detection of Colorectal Polyps

H.M. FENLON AND OTHERS

背景

バーチャル法の大腸内視鏡検査は,薄断面のヘリカルコンピュータ断層撮影法(CT)で,高解像度の二次元画像を得るという,結腸を画像化するための新しい方法である.得られたデータは,その後,従来法の大腸内視鏡検査によって得られる画像のシミュレーションとして,結腸の三次元画像がオフラインで再構成される.今回,われわれは,結腸直腸ポリープの検出を目的とした大腸内視鏡検査のバーチャル法と従来法の性能を比較した.

方 法

結腸直腸の新生物のリスクが高かった 100 例の患者を対象として,プロスペクティブに試験を行った(男性 60 例,女性 40 例; 平均年齢,62 歳).バーチャル法の大腸内視鏡検査は,従来法の大腸内視鏡検査の実施直前に実施した.直腸チューブを挿入し,患者が耐えられる最大レベルまで結腸に空気を吹き入れた.平滑筋の痙攣と蠕動を最小限度に抑えるため,および患者の不快感を軽減するために,CT スキャンの直前に 1 mg のグルカゴンを静注した.

結 果

結腸の全域を確実に調べることができた患者は,バーチャル法の大腸内視鏡検査では 87 例,従来法の大腸内視鏡検査では 89 例であった.従来法の大腸内視鏡検査で正常であった患者は 51 例であった.残りの 49 例には,合計で,115 個のポリープと 3 個の癌が発見された.バーチャル法の大腸内視鏡検査では,合計で,3 個の癌と,従来法で発見された直径 10 mm 以上のポリープ 22 個のうちの 20 個(91%),6 ~ 9 mm のポリープ 40 個のうちの 33 個(82%),5 mm 以下のポリープ 53 個のうちの 29 個(55%)が同定された.偽陽性の検査結果が得られたのは,ポリープでは 19 件であったが,癌では 0 件であった.腺腫性ポリープ 69 個については,バーチャル法の大腸内視鏡検査で,直径 6 mm 以上のポリープ 51 個のうちの 46 個(90%),5 mm 以下のポリープ 18 個のうちの 12 個(67%)が正しく同定された.患者の不快感については,特別に記録されなかったものの,不快感や疼痛のために,このバーチャル法の大腸内視鏡検査の中止を求めた患者は 1 例もいなかった.

結 論

大腸内視鏡検査のバーチャル法および従来法は,直腸結腸の新生物のリスクが高い患者において,直径が 6 mm 以上のポリープを検出するには同程度の有効性である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 341 : 1496 - 503. )