The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 3, 2000 Vol. 342 No. 5

急性発症と糖尿病関連抗体陰性を特徴とする 1 型糖尿病の新しい亜型
A Novel Subtype of Type 1 Diabetes Mellitus Characterized by a Rapid Onset and an Absence of Diabetes-Related Antibodies

A. IMAGAWA, T. HANAFUSA, J. MIYAGAWA, AND Y. MATSUZAWA

背景

現在,1 型糖尿病は,自己免疫性(1 A 型)と特発性(1 B 型)に分類されているが,特発性についてはほとんどわかっていない.

方 法

そこで,われわれは,(連続した)日本人成人発症 1 型糖尿病 56 名を,グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)抗体(この抗体の存在は自己免疫の一つの指標である)の有無によって分類し,臨床的,血清学的,および病理学的な特徴を比較,検討した.

結 果

 患者は以下の 3 群に分類された: GAD 抗体陽性の 36 名,GAD 抗体陰性かつ糖化ヘモグロビン 11.5%以上の 9 名,GAD 抗体陰性かつ糖化ヘモグロビン 8.5%未満の 11 名.最初の 2 群と比較して,3 群目では高血糖症状を呈した期間が短く(平均 4.0 日),糖化ヘモグロビン値が低いにもかかわらず血糖値が高値(平均 773 mg / dL[ 43 mmol / L ])であり,尿中 C ペプチドが低下しており,代謝異常(ケトアシドーシスを伴った)が高度で,血中膵酵素が上昇しており,膵島細胞抗体,IA-2 抗体,インスリン自己抗体が陰性であった.GAD 抗体陰性かつ糖化ヘモグロビンが低値であった患者 3 名の生検膵組織の免疫組織学的検討では,膵外分泌組織に T リンパ球の浸潤を認めたが,膵島炎,急性あるいは慢性膵炎の所見は認められなかった.

結 論

 特発性 1 型糖尿病患者のなかには,膵島炎を認めず,糖尿病関連自己抗体陰性,非常に急激な発症,および血中膵酵素の上昇を特徴とする非自己免疫性劇症 1 型糖尿病患者が存在する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 301 - 7. )