The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 26, 2000 Vol. 343 No. 17

フットボールの試合中におけるノーウォークウイルスの伝播
Transmission of Norwalk Virus during a Football Game

K.M. BECKER, C.L. MOE, K.L. SOUTHWICK, AND J.N. MACCORMACK

背景

 大学のフットボールの試合がフロリダで行われているときに,ノースカロライナチームの多数のメンバーに下痢と嘔吐が発現した.その翌日には,対戦チームの何人かの選手にも同様の症状が発現した.

方 法

 試合前にノースカロライナのチームにだされた 5 回の食事を摂ったメンバーと,症状が発現した対戦チームの選手の数人に面接を行った.一次症例の患者は,試合の前日にだされた箱入りランチを食べて,その後少なくとも 10 時間以降に嘔吐あるいは下痢が発現したが,50 時間以降まで症状が継続していなかったノースカロライナのチームのメンバーやスタッフであった.二次症例の患者は,遅れて症状が発現した患者,あるいは箱入りランチを食べなかったのに症状が発現した患者であった.採取した便検体は,電子顕微鏡で観察するとともに,逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)法で分析した.

結 果

 この二つのフットボールチームは,飲食をともにしたことはなかったし,競技場以外で接触したこともなかった.疾患のリスクと有意な関連が認められたのは,試合前にノースカロライナのチームにだされた 5 回の食事のうちでは,試合前日の箱入りランチだけであった(相対危険度,4.1; 95%信頼区間,1.6 ~ 10.0).この箱入りランチを食べたもので発病した割合は 62%であった.二次症例は,ノースカロライナのチームのメンバーとスタッフの 11 例と,フロリダの選手の 11 例であった.ノースカロライナのチームの患者から採取した便検体の電子顕微鏡検査では,四つの便検体のすべてでノーウォーク様ウイルスが陽性であった.RT-PCR 法による分析では,これらの 4 検体は,フロリダのチームの選手から採取した二つの便検体のうちの 1 検体と同様に,遺伝子型が 1 型のノーウォーク様ウイルスが陽性であった;さらに,これらの RT-PCR 産物の塩基配列は同一であった.

結 論

 この研究は,ノーウォークウイルスが,フットボールの試合中に,選手間でヒトからヒトへと伝播することを証明している.したがって,急性胃腸炎が出現している人は,競技中接触の起るスポーツからは除外すべきである.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1223 - 7. )