The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 21, 2000 Vol. 343 No. 25

カフェイン摂取と第一トリメスターにおける自然流産のリスク
Caffeine Intake and the Risk of First-Trimester Spontaneous Abortion

S. CNATTINGIUS AND OTHERS C.A. HALLER AND N.L. BENOWITZ

背景

 カフェインの摂取によって自然流産のリスクが上昇するということを示唆するような疫学研究があるものの,これに関する研究結果は一致していない.

方 法

 スウェーデンのウプサラ郡において,早期自然流産に関する住民ベースの症例対照研究を実施した.本研究の対照者は,妊娠 6 ~ 12 週目が経過した時点に自然流産した 562 例の女性(症例患者)と,これらの症例患者と妊娠週をマッチさせた自然流産しなかった 953 例の女性(対照)であった.カフェイン摂取に関する情報は,個別面接にて入手した.血漿中のコチニン濃度を喫煙の指標として測定するとともに,組織検体を用いて胎児の核型を決定した.多変量解析を用いて,カフェインの摂取に関する早期自然流産の相対危険度を,喫煙や,悪心,嘔吐,疲労感などの妊娠の症状を補正した上で推定した.

結 果

 非喫煙者では,自然流産は,1 日当りのカフェインの摂取量が 100 mg 以上の女性の方が,100 mg 未満の女性よりも多く発生しており,摂取量の増加に伴って自然流産のリスクが上昇していた(1 日当たり 100 ~ 299 mg : オッズ比,1.3; 95%信頼区間,0.9 ~ 1.8; 1 日当り 300 ~ 499 mg : オッズ比,1.4; 95%信頼区間,0.9 ~ 2.0; 1 日当り 500 mg 以上: オッズ比; 2.2; 95%信頼区間,1.3 ~ 3.8).喫煙者では,カフェインの摂取と自然流産のリスクの上昇との関連は認められなかった.胎児の核型検査の結果によって層別した解析では,胎児の核型が正常または不明のときには,カフェインの摂取量が中等量から多量になると自然流産のリスクの上昇に関連していることが示されたが,胎児の核型が異常のときには,このような関連は認められなかった.

結 論

 核型が正常な胎児を妊娠している非喫煙女性においては,カフェインの摂取が早期自然流産のリスクを上昇させる可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1839 - 45. )