The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 10, 2000 Vol. 343 No. 6

急性心筋梗塞において組織プラスミノーゲンアクチベータと比較した冠動脈ステント留置と血小板膜糖タンパクIIb / IIIa 遮断の併用
Coronary Stenting plus Platelet Glycoprotein IIb / IIIa Blockade Compared with Tissue Plasminogen Activator in Acute Myocardial Infarction

A. SCHOMIG AND OTHERS

背景

 急性心筋梗塞の患者においては,心筋障害を防ぐことがすべての再灌流療法の主目的である.現在,各種の再灌流戦略の相対的な効果についての研究が精力的に行われている.われわれは,血小板膜糖タンパク IIb / IIIa 受容体遮断を併用した冠動脈ステント留置のほうが,組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)の一種であるアルテプラーゼの高速点滴による線維素溶解療法よりも救済される心筋の程度が大きいかどうかを評価した.

方 法

 今回の無作為試験には,合計で 140 例の患者が組み入れられた; 71 例がステントとアブシキマブ(Abciximab)の併用に,69 例がアルテプラーゼの静脈内投与に割り付けられた.主要エンドポイントは,テクネシウム Tc 99m(99mTc)のセスタミビ(Sestamibi)を用いたシンチグラフィの連続検査によって測定した心筋の救済の程度とした.副次的エンドポイントは,無作為化後 6 ヵ月以内の死亡,再梗塞,および脳卒中の総合評価とした.

結 果

 最終的な梗塞巣の大きさは,中央値では,ステント+アブシキマブの併用治療群が左室の 14.3%(25%ポイントおよび 75%ポイント,6.8%および 24.5%)であったのに対して,アルテプラーゼ群では 19.4%(25%ポイントおよび 75%ポイント,7.9%および 34.2%)であった(p = 0.02).この差は,ステント群の救済指数(救済された左室の割合を,発症初期の灌流不足によって障害を受けた左室の割合で割ったもの)が大きかったことによるものであった: すなわち,救済指数は,ステント群が 0.57(25%ポイントおよび 75%ポイント,0.35 および 0.69)であったのに対して,アルテプラーゼ群では 0.26 であった(25%ポイントおよび 75%ポイント,0.09 および 0.61; p < 0.001).6 ヵ月時点における死亡,再梗塞,または脳卒中の累積発生率は,ステント群がアルテプラーゼ群よりも低かった(8.5% 対 23.2%,p = 0.02; 相対危険度,0.34; 95%信頼区間,0.13 ~ 0.88).

結 論

 急性心筋梗塞の患者では,組織プラスミノーゲンアクチベータによる線維素溶解療法よりも,冠動脈ステント留置にアブシキマブを併用した治療によって,救済される心筋の程度が大きくなるとともに,臨床転帰も改善される.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 385 - 91. )