The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 31, 2000 Vol. 343 No. 9

慢性反射性交感神経性ジストロフィー患者における脊髄刺激
Spinal Cord Stimulation in Patients with Chronic Reflex Sympathetic Dystrophy

M.A. KEMLER AND OTHERS

背景

 慢性反射性交感神経性ジストロフィー(複合局所性疼痛症候群としても知られている)は,立証された治療法が存在しない灼熱痛を伴った機能障害性の疾患である.しかしながら,いくつかの観察研究では,この疾患による疼痛が脊髄刺激によって減弱することが観察されている.

方 法

 少なくとも 6 ヵ月間にわたって反射性交感神経性ジストロフィーを患っていた患者を組み入れて,無作為試験を実施した.36 例の患者が脊髄刺激と理学療法(PT)の併用治療に,18 例の患者が理学療法の単独治療に割り付けられた.脊髄刺激装置の植込みは,試験刺激が成功した場合にのみ行った.本試験では,疼痛の程度(0 cm[疼痛なし]~ 10 cm[非常に高度な疼痛]の視覚アナログ尺度(VAS)による測定),全般的感覚効果(1[これまででもっとも悪化]~ 7[これまででもっとも改善]の尺度による測定),機能状態,および健康に関連した QOL の評価を行った.

結 果

 脊髄の試験刺激は 24 例の患者で成功した; したがって,残りの 12 例の患者には刺激装置の植込みは行わなかった.Intention-to-treat(ITT)解析では,脊髄刺激と理学療法の併用治療に割り付けられた患者群は,試験 6 ヵ月目の時点における疼痛の程度が,平均で 2.4 cm 軽減したのに対して,理学療法の単独治療に割り付けられた患者群では 0.2 cm 増悪した(2 群の群間比較で p < 0.001).さらに,全般的感覚効果のスコアが 6(“大きく改善”)であった患者の割合は,脊髄刺激群が対照群よりもかなり大きかった(39% 対 6%, p = 0.01).機能状態については,臨床的に重要な改善は認められなかった.健康に関連した QOL は,実際に脊髄刺激装置の植込みを受けた 24 例の患者で改善が認められただけであった.これらの 24 例の患者のうちの 6 例には合併症が発現し,1 例の患者に行われた刺激装置の取り外しなど,何らかの追加手技が必要になった.

結 論

 慎重に選び出した慢性反射性交感神経性ジストロフィー患者については,脊髄の電気刺激によって,疼痛が軽減できるとともに,健康に関連した QOL も改善させることができる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 618 - 24. )