The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 31, 2000 Vol. 343 No. 9

反射性交感神経性ジストロフィー患者のジストニア治療におけるバクロフェンの髄腔内投与
Intrathecal Baclofen for the Treatment of Dystonia in Patients with Reflex Sympathetic Dystrophy

B.J. VAN HILTEN, W.-J.T. VAN DE BEEK, J.I. HOFF, J.H.C. VOORMOLEN, AND E.M. DELHAAS

背景

 反射性交感神経性ジストロフィー(複合局所疼痛症候群としても知られている)患者は,ジストニアが併発していることがあり,このジストニアは,多くの場合,治療には反応しない.しかしながら,ジストニアのいくつかの病型は,脊髄のニューロンへの感覚入力を特異的に阻害する g -アミノ酪酸受容体(B 型)作動薬の一つであるバクロフェンの髄腔内投与に反応する.そこで,われわれは,この治療を,多病巣性あるいは全身性の緊張性ジストニアを伴った反射性交感神経性ジストロフィーの 7 例の女性において評価した.

方 法

 バクロフェンの 25,50,および 75 m g とプラセボを髄腔内にボーラス投与する二重盲検無作為比較対照クロスオーバー試験を実施した.そして,ジストニアの重症度の変化を,それぞれの量の薬剤投与後に,被験者の女性と本試験の医師の 1 人が評価した.試験の第 II 期には,バクロフェンを髄腔内に持続投与するための皮下ポンプを埋め込み,0.5 ~ 3 年間にわたって追跡調査を行った.

結 果

 6 例の女性は,バクロフェンの 50 および 75 m g のボーラス投与にて,手の焦点性ジストニアが完全あるいは部分的に消失したが,脚のジストニアはほとんど改善されなかった.持続療法では,3 例の女性が手の正常な機能を回復し,さらに,このうちの 2 例は歩行能力も回復した(1 例は屋内での歩行のみ).持続療法を受けた女性の 1 例は,疼痛と激しい攣縮が消失するとともに,腕のジストニー体位が軽減した.また,2 例の女性では,脚の痙攣や不隠状態は減弱したものの,ジストニアには何の変化も認められなかった.

結 論

 反射性交感神経性ジストロフィーに関連したジストニアは,患者によっては,バクロフェン髄腔内投与に顕著に反応する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 625 - 30. )