The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 3, 2003 Vol. 348 No. 14

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

中等度から重度のアルツハイマー病におけるメマンチン
Memantine in Moderate-to-Severe Alzheimer's Disease

B. Reisberg and Others

背景

グルタミン酸による N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体の過剰刺激が,神経変性疾患に関係している.われわれは,アルツハイマー病治療のために,NMDA 拮抗薬メマンチン(memantine)について検討した.

方 法

中等度から重度のアルツハイマー病患者を,28 週間のプラセボあるいは 1 日 20 mg のメマンチン投与のいずれかに無作為に割付けた.効果に関する主要変数は,介護者および患者との面接による臨床症状の評価(Clinicianユs Interview-Based Impression of Change Plus Caregiver Input: CIBIC-Plus)と,重度痴呆のために修正されたアルツハイマー病共同研究の日常生活動作の評価(Alzheimer's Disease Cooperative Study Activities of Daily Living Inventory modified for severe dementia: ADCS-ADLsev)であった.効果に関する副次的エンドポイントには,重度障害検査(Severe Impairment Battery)やそのほかの認知,機能,行動に関する指標が含まれた.ベースラインとエンドポイントとの治療差を評価した.欠損値については,以前の測定値のうち直近の値を代入した(直近の測定値で代用した場合).また,欠損値を置換せずに,測定値のみを含む結果の解析も行った(観察症例での解析).

結 果

米国の 32 施設から患者 252 例(女性 67%;平均年齢 76 歳)を組み入れた.そのうち 181 例(72%)は試験を終了し,28 週目に評価された.患者 71 例は,早期に治療を中止した(42 例はプラセボ群,29 例はメマンチン群).CIBIC-Plus(直近の測定値で代用した場合の P=0.06,観察症例での解析の P=0.03),ADCS-ADLsev(直近の測定値で代用した場合の P=0.02,観察症例での解析の P=0.003),重度障害検査(直近の測定値で代用した場合の P<0.001,観察症例での解析の P=0.002)の結果によると,メマンチン投与患者はプラセボ投与患者よりも転帰が優れていた.メマンチンは,有害事象の発現率と有意な関連はなかった.

結 論

抗グルタミン酸薬治療により,中等度から重度のアルツハイマー病における臨床症状の悪化が低減した.この疾患は,患者には苦痛で介護者には負担を伴い,他に治療法がない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2003; 348 : 1333 - 41. )