The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 18, 2003 Vol. 349 No. 25

良性前立腺肥大症の臨床的進展に対するドキサゾシンとフィナステライドの単独療法および併用療法の長期効果
The Long-Term Effect of Doxazosin, Finasteride, and Combination Therapy on the Clinical Progression of Benign Prostatic Hyperplasia

J.D. McConnell and Others

背景

良性前立腺肥大症は,一般に α アドレナリン受容体拮抗薬( α 遮断薬)または 5 α 還元酵素阻害薬で治療される.これらの薬剤の単独あるいは併用療法が,臨床的進展のリスクに与える長期効果は明らかではない.

方 法

男性 3,047 例を対象に長期の二重盲検試験(平均追跡期間 4.5 年)を行い,プラセボ,ドキサゾシン,フィナステライド,およびその併用療法が,良性前立腺肥大症の臨床的進展の指標に及ぼす効果を比較した.

結 果

全般的な臨床的進展――米国泌尿器科学会(American Urological Association)の症状スコアのベースラインからの 4 ポイント以上の上昇,急性尿閉,尿失禁,腎不全,または再発性尿路感染症で定義――は,ドキサゾシン(39%のリスク低下,P<0.001)とフィナステライド(34%のリスク低下,P=0.002)で,プラセボと比較して有意に低下した.併用療法に関連するリスクの低下(プラセボと比較して 66%,P<0.001)は,ドキサゾシン(P<0.001)またはフィナステライド(P<0.001)の単独療法に関連するリスクの低下よりも有意に大きかった.急性尿閉のリスクと侵襲的な治療の必要性は,併用療法(P<0.001)とフィナステライド(P<0.001)で有意に低下したが,ドキサゾシンでは有意な低下はみられなかった.ドキサゾシン(P<0.001),フィナステライド(P=0.001),併用療法(P<0.001)は,それぞれ症状スコアで有意な改善を示し,併用療法はドキサゾシン(P=0.006)またはフィナステライド(P<0.001)の単独療法よりも優れていた.

結 論

ドキサゾシンとフィナステライドの長期併用療法は安全で,いずれかの単独療法よりも,良性前立腺肥大症の全般的な臨床的進展のリスクが有意に低下した.また,併用療法とフィナステライド単独療法により,急性尿閉の長期リスクと侵襲的な治療の必要性が低下した.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2003; 349 : 2387 - 98. )