The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 11, 2004 Vol. 351 No. 20

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

黒人の心不全患者における硝酸イソソルビドとヒドララジンの併用
Combination of Isosorbide Dinitrate and Hydralazine in Blacks with Heart Failure

A.L. Taylor and Others

背景

進行した心不全を呈する黒人患者において,硝酸イソソルビドとヒドララジンの定量配合剤の投与により,付加的な利益が得られるかどうかを評価した.このサブグループの患者は,この治療法に対して良好な反応を示すことがすでに認められている.

方 法

NYHA(New York Heart Association)分類 III 度または IV 度の心不全で,心室の拡張が認められる黒人患者計 1,050 例を,心不全の標準療法に加え,硝酸イソソルビド+ヒドララジンの定量配合剤を投与する群,またはプラセボを投与する群に無作為に割付けた.主要エンドポイントは,全死因死亡,心不全による初回の入院,および QOL の変化の値を加重集計した,合成スコアとした.

結 果

硝酸イソソルビド+ヒドララジン投与群と比較して,プラセボ群での死亡率が有意に高かったため,試験を早期に終了した(10.2% 対 6.2%,P=0.02).硝酸イソソルビド+ヒドララジン投与群では,プラセボ群と比較して,主要合成スコアの平均値が有意に優れており(-0.1±1.9 対 -0.5±2.0,P=0.01;取りうる値の範囲 -6~+2),それぞれの評価項目についても有意に優れていた(全死因死亡率は 43%減少 [ハザード比 0.57,P=0.01],心不全による初回入院は相対的に 33%減少 [16.4% 対 22.4%,P=0.001],QOL は改善 [スコアの変化 -5.6±20.6 対 -2.7±21.2,スコアが低いほど QOL は良好;P=0.02;取りうる値の範囲 0~105]).

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2004; 351 : 2049 - 57. )