The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 26, 2006 Vol. 355 No. 17

CT 検診で病期 I 期の肺癌が検出された患者の生存率
Survival of Patients with Stage I Lung Cancer Detected on CT Screening

The International Early Lung Cancer Action Program Investigators

背景

ヘリカル CT を用いた年 1 回の検診で,臨床病期 I 期の癌が発見された患者の転帰は不明である.

方 法

大規模共同研究を実施し,1993~2005 年に,肺癌リスクのある無症状の被験者 31,567 例を対象に,低線量 CT を用いて検診を行った.また,1994~2005 年に,27,456 例に対し,前回の検診から 7~18 ヵ月後に再度検診を行った.CT 検診で臨床病期 I 期の肺癌が検出され,生検で確認された被験者において,受けた治療の種類にかかわらず肺癌特異的 10 年生存率を推定した.また,1 ヵ月以内に臨床病期 I 期の癌の外科的切除を受けた被験者についても,肺癌特異的 10 年生存率を推定した.病理判定委員会が,切除を受けた被験者の手術標本を精査した.

結 果

検診で,484 例が肺癌と診断された.これらの被験者のうち,412 例(85%)が臨床病期 I 期の肺癌であり,このサブグループの 10 年生存率の推定値は 88%であった(95%信頼区間 [CI] 84~91).臨床病期 I 期の癌が検出され,診断後 1 ヵ月以内に外科的切除を受けた 302 例では,10 年生存率の推定値は 92%であった(95% CI 88~95).臨床病期 I 期の癌が検出され,治療を受けなかった 8 例は,診断後 5 年以内に死亡した.

結 論

ヘリカル CT を用いた年 1 回の検診により,治癒可能な肺癌を検出することができる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2006; 355 : 1763 - 71. )