The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 18, 2007 Vol. 357 No. 16

子宮頸癌に対するヒトパピローマウイルス DNA のスクリーニング検査とパパニコロースクリーニング検査の比較
Human Papillomavirus DNA versus Papanicolaou Screening Tests for Cervical Cancer

M.-H. Mayrand and Others

背景

子宮頸癌のスクリーニングにおいて,発癌性ヒトパピローマウイルス(HPV)DNA 検査がパパニコロー(Pap)検査より優れているかどうかを検討するため,2 つの方法を比較する無作為化試験を実施した.

方 法

カナダのモントリオールとセントジョンズにおいて,30~69 歳の女性を対象に,高悪性度の子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)を同定するためのスクリーニング法として,米国食品医薬品局(FDA)が承認した検査法を用いた HPV 検査と,従来の Pap 検査とを比較した.Pap 検査の結果に異常が認められた女性,HPV 検査陽性(高リスク HPV DNA が 1 pg/mL 以上)の女性にはコルポスコピーと生検を行い,HPV 検査陰性の女性の無作為抽出集団にも同様の手技を行った.感度と特異度の推定値は,検証バイアスについて補正した.

結 果

計 10,154 例の女性を検査に無作為に割り付けた.女性全員に対し,無作為に割り付けた順序で,両方の検査を同時に実施した.グレード 2 または 3 の CIN に対する感度は,HPV 検査で 94.6%(95%信頼区間 [CI] 84.2~100),Pap 検査で 55.4%であった(95% CI 33.6~77.2,P=0.01).特異度は,HPV 検査で 94.1%(95% CI 93.4~94.8),Pap 検査で 96.8%であった(95% CI 96.3~97.3,P<0.001).検査の順序による成績への影響はなかった.両検査を併用した場合の感度は 100%,特異度は 92.5%であった.Pap 検査あるいは HPV 検査についてトリアージを行った結果,いずれかの検査を単独で行った場合よりもコルポスコピーを指示された患者は少なかったが,感度が低下した.有害事象は報告されなかった.

結 論

HPV 検査は,Pap 検査と比較して,CIN を検出するうえでより高い感度を有する.(Current Controlled Trials 番号:ISRCTN57612064)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2007; 357 : 1579 - 88. )