The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 11, 2013 Vol. 368 No. 15

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

縦隔原発 B 細胞リンパ腫に対する用量調節EPOCH+リツキシマブ療法
Dose-Adjusted EPOCH-Rituximab Therapy in Primary Mediastinal B-Cell Lymphoma

K. Dunleavy and Others

背景

縦隔原発 B 細胞リンパ腫は,結節硬化型ホジキンリンパ腫と密接に関連するびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の,明確な特徴をもつ亜型の一つである.患者は通常若年で,受診時には大きな縦隔腫瘤が認められる.標準治療はないものの,免疫化学療法単独では不十分であるため,縦隔照射による強化療法がルーチンに行われており,これは重篤な晩期副作用をもたらす可能性がある.この研究の目的は,治癒率を向上させ,放射線療法の必要性をなくす戦略を構築することである.

方 法

単一群第 2 相前向き研究において,未治療の縦隔原発 B 細胞リンパ腫患者 51 例を対象に,放射線療法を併用せず,用量調節エトポシド/ドキソルビシン/シクロホスファミド/ビンクリスチン/プレドニゾン(prednisone)+リツキシマブ(DA-EPOCH-R)と,フィルグラスチムの注入を行った.別の施設で行われた DA-EPOCH-R の後ろ向き研究の結果を用いて,独立に転帰を確認した.

結 果

患者の年齢中央値は 30 歳(19~52 歳)であり,腫瘍径の中央値は 11 cm で,59%が女性であった.追跡期間中央値 5 年で,無イベント生存率は 93%,全生存率は 97%であった.別の施設での後ろ向き解析の対象となった 16 例では,追跡期間中央値 3 年での無イベント生存率は 100%で,放射線療法を受けた患者はいなかった.いずれの患者にも晩期合併症や心毒性作用は認められなかった.10 ヵ月から 14 年にわたる追跡調査後,DA-EPOCH-R 単独療法を受けた 51 例のうち,2 例(4%)を除く全例が完全寛解にあった.残りの 2 例は放射線療法を受け,追跡調査の時点で無病であった.

結 論

縦隔原発 B 細胞リンパ腫の患者に対する DA-EPOCH-R 療法により,放射線療法の必要性がなくなった.(米国国立がん研究所から研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 番号:NCT00001337)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2013; 368 : 1408 - 16. )