The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 25, 2013 Vol. 368 No. 17

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

米国の糖尿病ケアにおける 1999~2010 年の目標到達度
Achievement of Goals in U.S. Diabetes Care, 1999-2010

M.K. Ali and Others

背景

糖尿病ケアにおける国の進捗を追跡することは,過去の取組みの評価に役立ち,ケアに残るずれが明らかになる可能性がある.

方 法

全米健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey)と行動危険因子サーベイランスシステム(Behavioral Risk Factor Surveillance System)から得た,糖尿病を自己申告した成人のデータを解析し,1999~2010 年の期間における危険因子の管理,予防,冠動脈疾患のリスクスコアについて検討した.

結 果

1999~2010 年に,糖尿病ケアの推奨目標に到達した調査参加者の加重比率は,血糖コントロール(糖化ヘモグロビン値 7.0%未満)は 7.9 パーセントポイント(95%信頼区間 [CI] 0.8~15.0),個別の血糖目標値は 9.4 パーセントポイント(95% CI 3.0~15.8),血圧(目標値 130/80 mmHg 未満)は 11.7 パーセントポイント(95% CI 5.7~17.7),脂質濃度(低比重リポ蛋白 [LDL] コレステロールの目標値 100 mg/dL [2.6 mmol/L] 未満)は 20.8 パーセントポイント(95% CI 11.6~30.0)増加した.喫煙に有意な変化はみられなかったが,冠動脈疾患の 10 年発生率は 2.8~3.7 パーセントポイント低下した.しかし,糖尿病患者の 33.4~48.7%は依然として血糖コントロール,血圧,LDL コレステロールの目標値を達成していなかった.これら 3 項目すべてと喫煙について目標を達成したのは 14.3%にすぎなかった.推奨される毎年の眼科・歯科検診の遵守に変化はみられなかったが,年 1 回の脂質検査と足の診察はそれぞれ 5.5 パーセントポイント(95% CI 1.6~9.4),6.8 パーセントポイント(95% CI 4.8~8.8)増加した.65 歳以上の参加者では,年 1 回のインフルエンザ予防接種と,肺炎球菌の予防接種はそれぞれ 4.5 パーセントポイント(95% CI 0.8~8.2),6.9 パーセントポイント(95% CI 3.4~10.4)増加し,毎日の血糖モニタリングは 12.7 パーセントポイント(95% CI 10.3~15.1)増加した.

結 論

1999 年から 2010 年にかけて,危険因子の管理や予防の遵守は改善したものの,喫煙率は依然として高く,米国の糖尿病成人の約半数は,糖尿病ケアの推奨目標に到達していなかった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2013; 368 : 1613 - 24. )