The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 15, 2015 Vol. 373 No. 16

サプリメントに関連する有害事象による救急部受診
Emergency Department Visits for Adverse Events Related to Dietary Supplements

A.I. Geller and Others

背景

米国では,ハーブ系製品や栄養補助製品,微量栄養素(ビタミンやミネラル)などのサプリメントが一般的に利用されているが,有害作用に関する全米規模のデータは限られている.

方 法

サプリメントに関連する有害事象を原因とする米国内の救急部受診の状況を明らかにするために,2004~13 年に 63 の救急部から得た全米を代表するサーベイランスデータを利用した.

結 果

3,667 例が同定され,1 年あたり 23,005 件(95%信頼区間[CI] 18,611~27,398)の救急部受診が,サプリメントに関連する有害事象に起因するものと推定された.これらの受診は,年間 2,154 件(95% CI 1,342~2,967)の入院にいたったと推定された.このような受診の頻度は,20~34 歳の若年成人(受診の 28.0%,95% CI 25.1~30.8)と,監督下になかった小児(受診の 21.2%,95% CI 18.4~24.0)で高かった.監督下にない状況で小児がサプリメントを摂取した場合を除くと,1 種類のサプリメントに関連する有害事象による救急部受診の 65.9%(95% CI 63.2~68.5)は,ハーブ系製品または栄養補助製品に関連するものであり,31.8%(95% CI 29.2~34.3)は微量栄養素に関連していた.ハーブ系製品または栄養補助製品のうち,減量用(25.5%,95% CI 23.1~27.9),体力増強用(10.0%,95% CI 8.0~11.9)が関連している割合が高かった.動悸,胸痛,頻拍といったサプリメントに関連する有害事象の 71.8%(95% CI 67.6~76.1)は減量用製品または体力増強用製品が原因であり,これらの心症状による受診の 58.0%(95% CI 52.2~63.7)は 20~34 歳の人によるものであった.65 歳以上の成人では,サプリメントに関連する有害事象による救急部受診全体の 37.6%(95% CI 29.1~46.2)が,窒息,錠剤による嚥下障害または咽頭異物感によるものであり,これらの症状による受診の 83.1%(95% CI 73.3~92.9)には微量栄養素が関連していた.

結 論

米国では,毎年 23,000 件の救急部受診が,サプリメントに関連する有害事象に起因するものと推定される.このような受診は,若年成人では減量用製品または体力増強用製品を原因とする心血管症状,高齢成人では嚥下障害によるものが多く,嚥下障害は微量栄養素の摂取に関連していることが多い.(米国保健福祉省から研究助成を受けた)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2015; 373 : 1531 - 40. )