The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 11, 2004 Vol. 351 No. 20

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

活動性クローン病に対する抗インターロイキン 12 抗体
Anti-Interleukin-12 Antibody for Active Crohn's Disease

P.J. Mannon and Others

背景

クローン病は,ヘルパー T1(Th1)細胞を介してサイトカインの活性が過剰になることと関連する.インターロイキン 12 は Th1 を介した炎症反応を開始させる重要なサイトカインである.

方 法

この二重盲検試験では,活動性クローン病患者 79 例を対象に,インターロイキン 12 に対するヒトモノクローナル抗体(抗インターロイキン 12 抗体)の安全性と有効性を評価した.患者を,1 mg/kg 体重または 3 mg/kg 体重の抗インターロイキン 12 抗体を週 1 回計 7 回皮下投与する群,またはプラセボ投与群に無作為に割付け,さらに初回と 2 回目の投与に 4 週間の間隔を設けた群(第 1 コホート)と,2 回の投与のあいだに間隔を設けない群(第 2 コホート)に割付けた.主要エンドポイントは安全性とし,副次的エンドポイントは臨床反応(クローン病活性指数 [CDAI] スコアの 100 以上の減少と定義)と寛解(CDAI スコアが 150 以下と定義)とした.

結 果

3 mg/kg 体重の抗インターロイキン 12 抗体を,間隔を空けないで 7 週間投与した群では,プラセボ群より高い反応率が得られた(75% 対 25%,P=0.03).追跡 18 週の時点では,反応率の差はもはや有意ではなかった(69% 対 25%,P=0.08).第 2 コホートにおいて,抗インターロイキン 12 抗体 3 mg/kg 体重投与群とプラセボ群の寛解率の差は,投与期間終了時にも追跡期間終了時にも有意ではなかった(両時点とも 38% 対 0%,P=0.07).第 1 コホートでは,群間で反応率に有意差はみられなかった.抗インターロイキン 12 抗体の投与を受けた患者における有害事象の発生率はプラセボ群と同等であったが,投与部位の局所反応の発生率は抗体投与群のほうが高かった.抗インターロイキン 12 抗体の投与を受けた患者において,臨床改善に伴い,結腸固有層の単核細胞によるインターロイキン 12,インターフェロン γ ,腫瘍壊死因子 α の分泌が減少した.

結 論

抗インターロイキン 12 モノクローナル抗体による治療は,活動性クローン病患者において臨床反応と寛解を誘導する可能性がある.この治療法は,疾患部位における Th1 介在性の炎症性サイトカインの減少に関連している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2004; 351 : 2069 - 79. )