The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 22, 2013 Vol. 369 No. 8

クローン病に対する寛解導入および維持療法としてのベドリズマブ
Vedolizumab as Induction and Maintenance Therapy for Crohn's Disease

W.J. Sandborn and Others

背景

α4β7 インテグリン抗体であるベドリズマブ(vedolizumab)のクローン病に対する有効性は,明らかにされていない.

方 法

寛解導入試験と寛解維持試験を分けて行う統合的研究において,活動期クローン病の成人患者を対象に,ベドリズマブ静脈内投与療法(300 mg)を評価した.寛解導入試験では,368 例をベドリズマブ群とプラセボ群とに無作為に割り付け,0 週目と 2 週目に投与し(コホート 1),747 例にベドリズマブを非盲検下で 0 週目と 2 週目に投与した(コホート 2).6 週の時点で疾患の状態を評価した.寛解維持試験では,ベドリズマブが有効であった 461 例を,プラセボを投与する群,ベドリズマブを 8 週ごとに投与する群,4 週ごとに投与する群のいずれかに無作為に割り付け,52 週目まで投与した.

結 果

6 週の時点で,コホート 1 のベドリズマブ群の 14.5%とプラセボ群の 6.8%が,臨床的寛解にあった(すなわちクローン病活動指数 [CDAI] スコア [0~約 600 点で,スコアが高いほど疾患活動性が高いことを示す] が 150 点以下)(P=0.02).また,それぞれ 31.4%と 25.7%が,CDAI-100(CDAI スコアの 100 点以上の低下)を達成した(P=0.23).寛解導入療法が有効であった,コホート 1 および 2 の患者で,52 週の時点で臨床的寛解にあった患者の割合は,ベドリズマブを 8 週ごとに投与した群で 39.0%,4 週ごとに投与した群で 36.4%であったのに対し,プラセボ群では 21.6%であった(各ベドリズマブ群とプラセボ群との比較についてそれぞれ P<0.001,P=0.004).患者の 4.0%で,抗ベドリズマブ抗体が発現した.ベドリズマブ投与患者では,プラセボ投与患者と比較して,鼻咽頭炎の発生頻度が高く,頭痛と腹痛の発生頻度が低かった.ベドリズマブは,プラセボと比較して重篤な有害事象の発生率が高いこと(24.4% 対 15.3%),感染症発生率が高いこと(44.1% 対 40.2%),重篤な感染症の発生率が高いこと(5.5% 対 3.0%)に関連していた.

結 論

ベドリズマブを投与した活動期クローン病患者では,プラセボを投与した患者と比較して,6 週の時点で寛解にある確率が高かったが,CDAI-100 を達成する確率は高くなかった.寛解導入療法が有効であり,ベドリズマブ投与を継続した患者は(プラセボに切り替えるよりも),52 週の時点で寛解にある確率が高かった.有害事象の頻度はベドリズマブ投与患者のほうが高かった.(Millennium Pharmaceuticals 社から研究助成を受けた.GEMINI 2 ClinicalTrials.gov 番号:NCT00783692)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2013; 369 : 711 - 21. )