The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 18, 2018 Vol. 379 No. 16

健康な高齢者における心血管イベントと出血に対するアスピリンの効果
Effect of Aspirin on Cardiovascular Events and Bleeding in the Healthy Elderly

J.J. McNeil and Others

背景

アスピリンは,心血管イベントの二次予防として十分に確立された療法である.しかし,心血管疾患の一次予防としての役割は,とりわけ,リスクの高い高齢者においては明らかではない.

方 法

2010~14 年に,オーストラリアと米国の地域住民男女で,年齢が 70 歳以上(米国では黒人とヒスパニックは 65 歳以上)で,心血管疾患,認知症,身体障害のない人を登録した.参加者を,アスピリン腸溶剤 100 mg を投与する群とプラセボを投与する群に無作為に割り付けた.主要評価項目は,死亡,認知症,持続性の身体障害の複合とした.この項目の結果は,本号に掲載されている別の論文で報告している.副次的評価項目は,重大な出血,心血管疾患(致死的冠動脈疾患,非致死的心筋梗塞,致死的・非致死的脳卒中,心不全による入院と定義)などとした.

結 果

試験に登録された 19,114 人のうち,9,525 人がアスピリン群,9,589 人がプラセボ群に割り付けられた.追跡期間中央値 4.7 年の時点で,心血管疾患の発生率は,アスピリン群 1,000 人年あたり 10.7 件,プラセボ群 1,000 人年あたり 11.3 件であった(ハザード比 0.95,95%信頼区間 [CI] 0.83~1.08).重大な出血の発生率はそれぞれ 1,000 人年あたり 8.6 件,6.2 件であった(ハザード比 1.38,95% CI 1.18~1.62,P<0.001).

結 論

高齢者における一次予防戦略としての低用量アスピリンの使用により,プラセボと比較して重大な出血のリスクが有意に上昇し,心血管疾患のリスクに有意な低下はみられなかった.(米国国立老化研究所ほかから研究助成を受けた.ASPREE 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT01038583)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2018; 379 : 1509 - 18. )