The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 13, 2002 Vol. 346 No. 24

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

洞結節機能不全に対する心室ペーシングまたは両室ペーシング
Ventricular Pacing or Dual-Chamber Pacing for Sinus-Node Dysfunction

G.A. LAMAS AND OTHERS

背景

両室(心房心室)ペーシングおよび一室(心室)ペーシングは,臨床的に重大な徐脈を引き起す洞結節機能不全に対する治療法の選択肢である.しかし,どちらのペーシングがよりよい転帰をもたらすかは不明である.

方 法

われわれは,洞結節機能不全患者,合計 2,010 例を両室ペーシング(1,014 例)または心室ペーシング(996 例)のいずれかに無作為に割付け,中央値 33.1 ヵ月のあいだ患者を追跡した.主要エンドポイントは全死因死亡または非致死性脳卒中とした.副次的エンドポイントは,死亡,脳卒中,心不全による入院の組み合せ,心房細動,心不全スコア,ペースメーカー症候群および QOL とした.

結 果

両室ペーシング群(21.5%)と心室ペーシング群(23.0%,P=0.48)のあいだに,主要エンドポイントの発生率の有意差はなかった.両室ペーシング群患者では,心房細動のリスクがより低く(ハザード比 0.79;95%信頼区間 0.66~0.94;P=0.008),また心不全スコアはよりよかった(P<0.001).心不全による入院の率と,死亡,発作または心不全による入院を組み合せた率の差については,補正なしの分析では有意差はみられなかったが,補正した分析では境界線上の有意差がみられた.両室ペーシングは,QOL について心室ペーシングに比べわずかではあるが,無視できない増加を示した.

結 論

洞結節の機能不全において,両室ペーシングは,心室ペーシングに比べ,脳卒中のない生存を改善しない.しかし,両室ペーシングは心房性細動のリスク,および心不全の兆候と症状を減らし,QOL をわずかに改善する.全体として,両室ペーシングは心室ペーシングと比べ有意な改善を与える.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2002; 346 : 1854 - 62. )