The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

August 4, 2016
Vol. 375 No. 5

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • アーミッシュとフッタライトの小児における自然免疫と喘息
    Innate Immunity and Asthma in Amish and Hutterite Children

    アーミッシュとフッタライトはいずれも農業を営む集団であり,遺伝子プールが似ているが,喘息とアレルギーの頻度はフッタライトのほうが高い.アーミッシュの生活環境が自然免疫応答を刺激し,小児の喘息を予防するという考えを支持するデータが示されている.

  • 化膿性汗腺炎に対するアダリムマブ
    Adalimumab for Hidradenitis Suppurativa

    化膿性汗腺炎は有痛性の慢性炎症性皮膚疾患である.2 件の二重盲検プラセボ対照試験で,アダリムマブ投与例では,12 週の時点での臨床反応率がプラセボ投与例と比較して有意に高かった.重篤な有害事象の発現率は同程度であった.

  • 米国陸軍兵士における鎌状赤血球形質
    Sickle Cell Trait in U.S. Army Soldiers

    鎌状赤血球形質の検査が行われていた黒人兵士およそ 48,000 人を対象とした研究で,鎌状赤血球形質を有する人では,有しない人と比較して,死亡リスクは高くなかったが,労作性横紋筋融解症リスクは有意に高かった.

  • 転移性前立腺癌における DNA 修復遺伝子の生殖細胞系列変異
    Germline DNA-Repair Defects in Metastatic Prostate Cancer

    DNA 修復遺伝子の遺伝性変異は,転移性前立腺癌男性のおよそ 12%に認められたが,任意に抽出された一般集団では 2.7%に認められた.

CLINICAL TRIALS SERIES

  • 実用的臨床試験
    Pragmatic Trials

    実用的臨床試験では,実際に治療や診断戦略を受けるであろう人々を広く代表する被験者が対象であり,結果が日常のケアに影響を及ぼす.著者らは,実用的臨床試験に特有の特徴を,幅広い例をあげて概説している.

REVIEW ARTICLE

  • 火災に伴う気道損傷
    Fire-Related Inhalation Injury

    火災に伴う気道損傷は,直接曝露,吸入した有害物質による全身への影響,気管支内のデブリの増加,二次感染が組み合わさって生じる.この短い総説では,火災に伴う気道損傷の発生機序とアプローチについて論じている.

PERSPECTIVE

  • データ共有
    Data Sharing

    データ共有に関するいくつかの展望が 4 つのエッセイで示されている.1 人の米国上院議員は,研究を強化するためのデータ共有を奨励しており,研究者らの国際的なコンソーシアムは,費用,有益性,保護措置の評価が必要であると警告している.このほか,データ共有の 2 つの先駆的イニシアチブの例が紹介されている.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 回帰熱ボレリア(Borrelia recurrentis)感染症
    Borrelia recurrentis Infection

    回帰熱ボレリア(Borrelia recurrentis)感染症

    ソマリア人難民の 16 歳の男性が,ドイツのミュンヘンで倒れたあと,激しい頭痛と腹痛を訴えて地元の病院に搬送された.バイタルサインで特記すべき所見は,体温 41℃,心拍数 105 拍/分,血圧 95/50 mmHg であった.

NEJM QUICK TAKE

  • 喘息リスクと農業
    Asthma Risk and Farming

    喘息リスクと農業

    米国のアーミッシュとフッタライトは共通の祖先をもつ集団であり,いずれも農村社会で生活しているが,喘息はフッタライトのほうが 4 倍多い.農法と動物への曝露からこの差を説明できるであろうか? 最新の研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • イエール大学オープンデータアクセス(YODA)とデータ共有
    YODA and Data Sharing

    Harlan Krumholz 博士が,より広範囲にわたる,責任ある,生産性の高い臨床試験データの共有に向けた動きについて論じている.