The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

July 6, 2017
Vol. 377 No. 1

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 195 ヵ国における過体重と肥満の影響
    Effect of Overweight and Obesity in 195 Countries

    世界の疾病負担研究のデータと手法を用いて,1980~2015 年の 195 ヵ国 6,850 万人のデータを解析した.肥満の有病率と BMI 高値による疾病負担の急増は,この大きな問題に引き続き重点的に取り組む必要があることを示している.

  • エラゴリックスによる子宮内膜症性疼痛の管理
    Endometriosis-Associated Pain Management with Elagolix

    2 件の無作為化試験で,2 用量の経口ゴナドトロピン放出ホルモン拮抗薬エラゴリックスはいずれも,子宮内膜症性月経困難症と月経時以外の骨盤痛を有意に軽減したが,エストロゲン低下による有害事象が認められた.

  • 心不全における突然死リスクの低下
    Declining Risk of Sudden Death in Heart Failure

    1995~2014 年に行われた 12 件の臨床試験のいずれかに登録された,収縮能の低下した心不全患者 40,195 例のデータの解析が行われた.突然死の発生率は経時的に大幅に低下した.この結果は,エビデンスに基づく薬物治療の累積的な利益と一致する.

  • CD55 と蛋白漏出性胃腸症
    CD55 and Protein-Losing Enteropathy

    CD55 は,補体カスケードにおいて転換酵素の形成を防ぎ,補体活性化に対するブレーキの機能を果たしている.CD55 の不活化変異によって補体が過剰に活性化し,血管障害性血栓症,蛋白漏出性胃腸症を引き起こす.

CLINICAL TRIALS SERIES

  • マスタープロトコール
    Master Protocols

    この総説では,複数の疾患に対する 1 つもしくはそれ以上の介入を検討する,または複数の介入を用いて 1 つの疾患を検討するためのマスタープロトコールについて考察している.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 脈が速くなったり遅くなったり
    Beating, Fast and Slow

    52 歳の男性が,2 週間続く労作時の胸部不快感と呼吸困難を訴えて受診した.胸部不快感は,胸部の中心が放散痛なく膨満する感覚と表現された.安静時には胸部不快感は生じず,ふらつき,失神もないという.

PERSPECTIVE

  • 遺伝子プライバシーの侵害?
    Undermining Genetic Privacy?

    下院の法案は,職場の健康促進プログラムによる遺伝情報,およびその他個人の健康情報の収集と取扱いに関連する法的保護を大幅に変え,自律性,平等な治療,医療の進歩を脅かす可能性がある.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 両側眼瞼下垂の正体を暴く
    Unmasking Ptosis in Both Eyes

    両側眼瞼下垂の正体を暴く

    27 歳の女性が左眼瞼下垂を訴えて受診した.左眼瞼を持ち上げると右眼瞼の下垂が誘発される様子を動画で紹介する.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 健康関連の研究助成金を存続させる
    Preserving Health Research Funding

    Paul Drain が,フォガーティ国際センターの閉鎖を含む,トランプ政権による米国国立衛生研究所(NIH)予算削減案について論じている.

NEJM QUICK TAKE

  • BMI 高値と世界の疾病負担
    High BMI and the Global Burden of Disease

    BMI 高値と世界の疾病負担

    肥満と過体重の有病率は上昇しているが,グローバルヘルスへの総合的な影響は明らかにされていない.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

INTERACTIVE MEDICAL CASE

  • 先端で
    On the Cusp

    先端で

    27 歳の男性が 5 日間続く発熱を訴えて救急受診した.NEJM.org でご自身の診断・治療技術を試してください.