The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

March 30, 2000 Vol. 342 No. 13

2 型糖尿病の危険因子としての高血圧症と降圧療法
Hypertension and Antihypertensive Therapy as Risk Factors for Type 2 Diabetes Mellitus

T.W. GRESS, F.J. NIETO, E. SHAHAR, M.R. WOFFORD, AND F.L. BRANCATI

背景

 いままでの研究で,チアジド系利尿薬と b 遮断薬が 2 型糖尿病の発症を促進させる可能性が示唆されている.しかし,それらの研究の結果は必ずしも一致しておらず,その多くは,転帰データが不適切なことや潜在的な交絡によって,制限のあるものになっている.

方 法

 糖尿病には罹患していなかった 45 ~ 64 歳までの成人,12,550 例を対象とした前向き研究を行った.開始時には,薬剤使用の調査およびランダム・ゼロ血圧計による血圧測定などを含む広範囲の健康評価を行った.糖尿病患者の新規発症は,対象者の空腹時血糖値の測定によって,3 年後および 6 年後に評価した.

結 果

 糖尿病が続発する危険性については,年齢,性別,人種,教育,肥満度,糖尿病についての家族歴,身体活動レベル,その他の健康に関連した生活習慣,および合併症で同時補正した場合には,チアジド系利尿薬を服薬していた高血圧症の対象者では,降圧療法を何も受けていなかった者よりも,その危険性は大きくはなかった(相対ハザード,0.91; 95%信頼区間,0.73 ~ 1.13).これと同様に,アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびカルシウム拮抗薬を服薬していた対象者の危険性も,薬物療法をまったく受けていなかった者よりも大きくはなっていなかった.これに対して,b 遮断薬を服薬していた高血圧症の対象者では,糖尿病が続発するリスクが 28%上昇していた(相対ハザード,1.28; 95%信頼区間,1.04 ~1.57).

結 論

 医師は,糖尿病の危険性についての懸念から,高血圧症に罹患している非糖尿病の成人にチアジド系利尿薬の処方を控えるというようなことはすべきではない.b 遮断薬の使用については,糖尿病のリスクを上昇させているように思われるが,この有害作用は,心血管系イベントのリスクを低下させることが証明されている b 遮断薬の有益性と比較して評価しなければならない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 905 - 12. )