The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 2, 2000 Vol. 343 No. 18

家庭内でのインフルエンザ予防を目的とした,吸入ザナミビルの使用
Inhaled Zanamivir for the Prevention of Influenza in Families

F.G. HAYDEN AND OTHERS

背景

 家庭内におけるインフルエンザの予防において,治療を受けた発端患者から薬剤に耐性化したウイルスの変異体が伝播されることもあり,アマンタジンやリマンタジン(Rimantadine)は効果が安定しない.そこで,われわれは,家庭内におけるインフルエンザの治療と予防を目的とした吸入ザナミビル(Zanamivir)の二重盲検プラセボ対照比較試験を実施した.

方 法

 1998 ~ 99 年のインフルエンザの季節が始まる前に,家族(家族の人数が 2 ~ 5 人で,5 歳以上の小児が少なくとも 1 人いる家族)を試験に組み入れた.家族の 1 人にインフルエンザ様の症状が発現したら,その家族を,ザナミビルまたはプラセボのいずれかの吸入に無作為に割り付けた.発端者には,ザナミビルの 10 mg(163 例)またはプラセボ(158 例)を 1 日 2 回,5 日間の吸入治療を行い,その他の家族には,予防として,ザナミビルの 10 mg(414 例)またはプラセボ(423 例)を 1 日 1 回,10 日間吸入した.主要エンドポイントは,家族内の発端患者と接触した家族の少なくとも 1 人に,症状が発現し,検査でインフルエンザの診断が確定した家族の割合とした.

結 果

 当初は健康で,家族内の発端患者と接触があった家族の少なくとも 1 人にインフルエンザが発症した家族の割合は,ザナミビル群がプラセボ群よりも小さかった(4% 対 19%,p < 0.001); この差は,患者と接触して少なくとも 1 人がインフルエンザに罹った家族の割合が 79%低下することに相当する.ザナミビルはインフルエンザ A 型と B 型の両方に対して予防効果があった.ノイラミニダーゼ結合阻止法とノイラミニダーゼおよび赤血球凝集素の遺伝子の塩基配列決定法からは,ザナミビル耐性変異体は発見されなかった.検査によってインフルエンザであることが確定した発端患者の症状発現期間の中央値は,ザナミビル群がプラセボ群よりも 2.5 日間短かった(5.0 日間 対 7.5 日間,p = 0.01).また,ザナミビルに対する忍容性は優れたものであった.

結 論

 発端患者の治療と組み合せて行うと,その家族に対するザナミビルの 1 日 1 回の吸入による予防治療は,忍容性に優れ,インフルエンザを予防する.本試験では,耐性化インフルエンザウイルスの出現を示すような証拠はなかった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1282 - 9. )