The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 7, 2000 Vol. 343 No. 23

慢性 C 型肝炎の患者に対するペグインターフェロン α - 2a(peginterferon Alfa-2a)
Peginterferon Alfa - 2a in Patients with Chronic Hepatitis C

S.ZEUZEM AND OTHERS

背景

 インターフェロン α -2a に 40 kd の分枝ポリエチレングリコールの機能基を共有結合的に付加すると,持続的に吸収されるようになって,非修飾のインターフェロン α -2a よりもクリアランスの速度が遅く,半減期が長い化合物(ペグインターフェロン α -2a : Peginterferon α -2a)が合成される.今回,われわれは,慢性 C 型肝炎患者に対するインターフェロンの初回治療として,ペグインターフェロン α -2a とインターフェロン α -2a のレジメンの臨床効果を比較した.

方 法

 慢性 C 型肝炎の 531 例の患者を,ペグインターフェロン α -2a の 180 μg を 1 週間に 1 回,48 週間皮下投与する治療(267 例),またはインターフェロン α -2a の 600 万単位を 1 週間に 3 回,12 週間皮下投与し,その後 300 万単位にして 1 週間に 3 回,36 週間皮下投与する治療(264 例)のどちらかに無作為に割り付けた.ウイルス学的効果は,その持続性についても,すべての患者を対象として治療開始から 72 週目の時点において評価した.なお,ウイルス学的効果は,C 型肝炎ウイルスの RNA 量が検出限界以下のときに有効と定義した(< 100 コピー/ mL).

結 果

 ペグインターフェロン群では,267 例の患者のうち,223 例が治療を完了し,206 例が追跡調査を完了した.インターフェロン群では,264 例の患者のうち,161 例が治療を完了し,154 例が追跡調査を完了した.Intention-to-treat 解析では,治療または追跡調査の終了時点における検査結果がない患者は,その時点において効果がなかったものとして処理され,ウイルス学的効果は,ペグインターフェロン α -2a の有効率が,インターフェロン α -2a よりも,48 週目(69% 対 28%,p = 0.001)および 72 週目(39% 対 19%,p = 0.001)において高かった.血清アラニンアミノ転移酵素の値についても,72 週目における持続的な正常化の頻度は,ペグインターフェロン群がインターフェロン群よりも多かった(45% 対 25%,p = 0.001).有害事象については,2 群の発現頻度および重症度は同程度で,発現した有害事象はインターフェロン α との関連が認められている典型的な事象であった.

結 論

 慢性 C 型肝炎の患者において,ペグインターフェロン α -2a を 1 週間に 1 回投与するレジメンは,インターフェロン α -2a を 1 週間に 3 回投与するレジメンよりも有効である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1666 - 72. )