The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 28, 2000 Vol. 343 No. 26

メディケア患者との比較における在郷軍人健康管理局に管理されている患者の心筋梗塞の転帰
Outcome of Myocardial Infarction in Veterans Health Administration Patients as Compared with Medicare Patients

L.A. PETERSEN, S.-L.T. NORMAND, J. DALEY, AND B.J. MCNEIL

背景

 在郷軍人健康管理局(VHA)の管轄病院で医療を受けている患者は,非 VHA 施設で医療を受けている患者よりも質の悪い医療を受けているという意見がある.そこで,われわれは,VHA 病院の医療の質を評価するために,VHA 施設と非 VHA 施設で医療を受けた患者の急性心筋梗塞の転帰を,合併症と急性心筋梗塞の重症度などの潜在的交絡因子で補正しながら比較した.

方 法

 VHA の 81 病院から退院した 2,486 例の在郷軍人と,非 VHA の 1,530 病院から退院した 29,249 例のメディケア(老齢者医療保障制度)患者を対象とした検討を行った.なお本研究の標本は,急性心筋梗塞であることが確認されて退院した年齢が 65 歳以上の男性に限定した.この二つの標本において,合併症,急性心筋梗塞の重症度,および 30 日死亡率と 1 年死亡率を比較した.

結 果

 VHA 患者は,メディケア患者よりも,高血圧症(64.3% 対 57.3%),慢性閉塞性肺疾患または喘息(30.9% 対 23.5%),糖尿病(34.8% 対 29.0%),脳卒中(20.4% 対 14.2%),あるいは痴呆(7.2% 対 4.8%)の病歴の記録が有意に多い傾向が認められた(それぞれの病歴のすべての比較において p < 0.001).多変量ロジスティック回帰および VHA 患者とメディケア患者をマッチさせた 2,265 組のペアを用いた解析の両方において,30 日死亡率および 1 年死亡率に有意な差は認められなかった.マッチさせたペア解析の結果からは,5 歳ごとの患者群の平均から求めた死亡率の差(メディケア患者の死亡率- VHA 患者の死亡率)が,30 日死亡率の差では- 0.8%(95%信頼区間,- 2.8 ~ 1.3),1 年死亡率の差では- 1.3%(95%信頼区間,- 3.9 ~ 1.3)であることが示された.

結 論

 VHA 患者は,メディケア患者よりも合併症が多かった.それにもかかわらず,HVA 患者とメディケア患者の死亡率には有意な差は認められなかった.したがって,ここで得られた結果は,これらの患者における急性心筋梗塞に対する医療の質が同程度であることを示している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1934 - 41. )