The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 7, 2000 Vol. 343 No. 10

動脈管開存症の動脈管閉鎖に対するイブプロフェンとインドメタシンの比較
A Comparison of Ibuprofen and Indomethacin for Closure of Patent Ductus Arteriosus

B.VAN OVERMEIRE AND OTHERS

背景

 インドメタシンは,早産児の動脈管開存症に対して一般的に行われている治療である.しかしながら,このインドメタシンの投与に関連してさまざまな副作用が発現する.そこで,われわれは,プロスペクティブな試験を実施して,早産児の動脈管開存症の早期治療におけるイブプロフェンとインドメタシンの有効性および安全性について比較した.

方 法

 本試験では,呼吸窮迫症候群(RDS)が存在し,動脈管開存症であることが心エコー法で確認された 148 例の新生児(在胎期間,24 ~ 32 週間)について検討した.これらの新生児は,五つの新生児集中治療センターにおいて,インドメタシン(体重当り 0.2 mg / kg を 12 時間間隔で投与)またはイブプロフェン(初回投与は体重当り 10 mg / kg として,それ以降の投与は 5 mg / kg を 24 時間間隔で 2 回投与)のいずれかを,生後 3 日目から開始して 3 回静脈内投与する治療に無作為に割り付けられた.そして,血管の閉鎖率,追加治療の必要性,副作用,合併症,およびこれらの新生児の臨床経過を記録した.

結 果

 血管の閉鎖率は二つの治療で同程度であった: すなわち,血管閉鎖が生じたのは,インドメタシンの投与を受けた新生児 74 例中の 49 例(66%),イブプロフェンの投与を受けた新生児 74 例中の 52 例(70%)であった(相対危険度,0.94; 95%信頼区間,0.76 ~ 1.17; p = 0.41).第 2 選択の薬物治療が必要となったり,あるいは外科的な血管結紮が必要となった新生児の例数には,2 群間に有意な差は認められなかった.乏尿については,イブプロフェンの治療を受けた新生児 5 例と,インドメタシンの治療を受けた新生児 14 例に発現した(p = 0.03).これ以外の副作用あるいは合併症については,有意な差は認められなかった.

結 論

 呼吸窮迫症候群が現れている早産児の動脈管開存症に対する治療として,生後 3 日目から即座に開始するイブプロフェン療法は,インドメタシンと同程度の有効性があり,しかも乏尿を誘発させる可能性が有意に低い.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 674 - 81. )