The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

March 26, 1998 Vol. 338 No. 13

インスリンで治療したⅡ型糖尿病患者におけるトログリタゾンの効果
EFFECT OF TROGLITAZONE IN INSULIN - TREATED PATIENTS WITH TYPE II DIABETES MELLITUS

S. SCHWARTZ, P. RASKIN, V. FONSECA, AND J.F. GRAVELINE

背景

 トログリタゾンは,インスリンに対する末梢組織の感受性を増加させる新規経口抗糖尿病薬である.したがってこの薬剤は,インスリン抵抗性糖尿病患者において外因性インスリンの有効性を増加させる可能性がある.

方 法

 われわれは,少なくともインスリン 30 U を毎日投与する療法にもかかわらず,コントロール不良の非インスリン依存型 (Ⅱ型) 糖尿病 (グリコシル化ヘモグロビン値,8 ~ 12%; 正常値,4.3 ~ 6.1% ) 患者 350 人において,トログリタゾンまたはプラセボの効果を調べた.患者を無作為割付けして,トログリタゾン 200 mg (患者116 人),トログリタゾン 600 mg ( 116 人),またはプラセボ ( 118 人) の毎日投与を26 週間行った.インスリンの用量は増量せず,低血糖症の予防のために限って減量した.グリコシル化ヘモグロビン,空腹時グルコース,総コレステロール,高比重リポ蛋白コレステロール,低比重リポ蛋白コレステロール,およびトリグリセリド血清濃度を,8 週間のベースライン期間のさいに 5 回測定し,26 週間の治療のさいに 10 回測定した.いずれの期間でもインスリンの 1 日量を記録した.

結 果

 患者の 90%が試験を完了した.グリコシル化ヘモグロビンの補正平均値は,トログリタゾン 200 mg 投与群とトログリタゾン 600 mg 投与群でそれぞれ,0.8 および1.4%ポイント減少し,空腹時グルコース血清濃度は,インスリン用量が 11%および29%減少したにもかかわらずそれぞれ,35 および 49 mg / dl 減少した ( 1.9 および 2.7mmol / l ) (プラセボ群とのすべての比較について p < 0.001 ).トログリタゾン治療患者では,総コレステロール,低比重リポ蛋白コレステロールおよび高比重リポ蛋白コレステロール血清濃度がわずかに増加し,トリグリセリド血清濃度はわずかに減少した.

結 論

 インスリンとともに投与すると,トログリタゾンはⅡ型糖尿病患者の血糖コントロールを改善する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 861 - 6. )