The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

June 10, 1999 Vol. 340 No. 23

男性における心血管疾患,慢性閉塞性呼吸器疾患,および癌のリスクに対する葉巻煙草の喫煙の影響
Effect of Cigar Smoking on the Risk of Cardiovascular Disease, Chronic Obstructive Pulmonary Disease, and Cancer in Men

C. IRIBARREN, I.S. TEKAWA, S. SIDNEY, AND G.D. FRIEDMAN

背景

米国における葉巻煙草の売り上げは,1993 年以降,増加している.葉巻煙草の喫煙は,ある種の癌と慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)の危険因子の一つとして知られている.しかし,葉巻煙草の喫煙と心血管疾患の関係は,紙巻き煙草の喫煙と心血管疾患との関連とは異なり,明確には確立されていない.

方 法

カイザーパーマネンテ健康保健組合(the Kaiser Permanente health plan)に加入し,これまでに紙巻き煙草を吸ったことがなく,その時点できざみ煙草を吸っていないと回答した男性で,ベースライン(1964 ~ 73 年)の年齢が 30 ~ 85 歳の男性,17,774 例を対象としたコホート研究を実施した.葉巻煙草の喫煙者(男性1,546 例)と非喫煙者(男性 16,228 例)に対して,1971 年から追跡調査を開始し,重大な心血管疾患あるいは COPD による初回入院あるいは死亡に関しては 1995 年末まで,また癌の診断に関しては 1996 年末まで調査を継続した.

結 果

多変量解析において,葉巻煙草の喫煙者は,非喫煙者と比較して,冠動脈性心疾患(相対危険度,1.27; 95%信頼区間,1.12 ~ 1.45),COPD(相対危険度,1.45; 95%信頼区間,1.10 ~ 1.91),および上気道 - 上部消化管の癌(相対危険度,2.02; 95%信頼区間,1.01 ~ 4.06)と肺癌(相対危険度,2.14; 95%信頼区間,1.12 ~ 4.11)のリスクが高く,しかも用量反応的であることを示す結果が得られた.口腔咽頭癌と上気道 - 上部消化管の癌のリスクに関しては,葉巻煙草の喫煙と飲酒とのあいだに相乗的な関連が示唆された.

結 論

習慣性の葉巻煙草の喫煙は,他の危険因子とは独立して,冠動脈疾患,COPD,および上気道 - 上部消化管癌と肺癌のリスクを上昇させる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 1773 - 80. )