The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 13, 2000 Vol. 342 No. 15

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

病因が特定されていなかった心筋症の患者における基礎原因と長期生存
Underlying Causes and Long-Term Survival in Patients with Initially Unexplained Cardiomyopathy

G.M. FELKER AND OTHERS

背景

 心筋症による心不全患者の予後に関する先行試験では,患者の分類は,虚血性疾患か,あるいは非虚血性疾患かによって行われている.したがって,心筋症の基礎にある原因をより詳細に特定することの予後的価値については明らかにされていない.

方 法

 1,230 例の心筋症患者を対象として,その転帰についての評価を行った.これらの患者を,基礎原因に従って以下のような群に分類した: 特発性心筋症(616例); 周産期心筋症(51 例); および心筋炎(111 例),虚血性心疾患(91 例),浸潤性心筋疾患(59 例),高血圧症(49 例),ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症(45 例),結合組織疾患(39 例),薬物乱用(37 例),ドキソルビシンの治療(15例),そしてその他の原因(117 例)による心筋症.Cox の比例ハザード分析を用いて,心筋症の基礎原因と生存との関連を評価した.

結 果

 平均で 4.4 年間の追跡調査期間中に,417 例の患者が死亡し,57 例の患者が心臓移植を受けた.特発性心筋症の患者と比較すると,周産期心筋症の患者の生存は良好であったが(死亡の補正ハザード比,0.31; 95%信頼区間,0.09 ~ 0.98),浸潤性心筋疾患(補正ハザード比,4.40; 95%信頼区間,3.04 ~ 6.39),HIV 感染症(補正ハザード比,5.86; 95%信頼区間,3.92 ~ 8.77),ドキソルビシンの治療(補正ハザード比,3.46; 95%信頼区間,1.67 ~ 7.18),および虚血性心疾患(補正ハザード比,1.52; 95%信頼区間,1.07 ~ 2.17)による心筋症の患者の生存は有意に不良であった.

結 論

 病因が特定されていなかった心筋症の患者では,心不全の基礎原因に予後の判断的価値が認められる.すなわち,周産期心筋症の患者は,他の病型の心筋症の患者よりも予後が良好である.逆に,浸潤性心筋疾患,HIV 感染症,あるいはドキソルビシンの治療による心筋症の患者は,とくに予後が不良である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 1077 - 84. )