The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

May 25, 2000 Vol. 342 No. 21

胸部圧迫単独または呼気吹き込みとの併用による心肺蘇生法
Cardiopulmonary Resuscitation by Chest Compression Alone or with Mouth-to-Mouth Ventilation

A. HALLSTROM, L. COBB, E. JOHNSON, AND M. COPASS

背景

 シアトル市民は心肺蘇生法(CPR)の広範な訓練を受けているにもかかわらず,目撃者の居合わせた心停止のほぼ半数において,その居合わせた人たちは CPR を行っていない.救急車の受付者が電話で行う胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の指示には,2.4 分間の時間を要する.試験的研究においては,胸部圧迫だけでも,胸部圧迫と呼気吹き込み法との併用と同程度の生存率が得られている.そこで,われわれは,今回の無作為試験を実施し,胸部圧迫単独による CPR と胸部圧迫と呼気吹き込み法との併用による CPR の比較を行った.

方 法

 本試験の試験環境としては,ある都市部の,消防署が基盤となって中央管理による救急車の出動体制がとられている救急医療システムを選択した.無作為化の方法で,電話を受けた救急車の受付者が,明らかな心停止の現場に居合わせた者に,胸部圧迫のみの指示あるいは胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の指示のいずれかを与えた.主要エンドポイントは生存退院であった.

結 果

 胸部圧迫の単独蘇生に無作為に割り付けられた 241 例の患者と,胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の併用蘇生に割り付けられた 279 例の患者のデータを解析した.指示を完全に伝えることができたのは,胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の併用蘇生群ではエピソードの 62%,胸部圧迫の単独蘇生群ではエピソードの 81%であった(p = 0.005).胸部圧迫の指示を完全に伝えるために要した時間は,胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の指示よりも 1.4 分間少なかった.退院までの生存については,胸部圧迫の単独蘇生に割り付けられた患者が,胸部圧迫 + 呼気吹き込み法の併用蘇生に割り付けられた患者よりも優れていたが(14.6% 対 10.4%),この生存率の差は統計学的には有意なものではなかった(p = 0.18).

結 論

 胸部圧迫単独による CPR の転帰は,呼気吹き込み法を併用した蘇生法による転帰と同様なので,CPR の実施経験がない者へのアプローチとしては,胸部圧迫単独の方法を優先すべきであろうと考えられる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 1546 - 53. )