The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

June 22, 2000 Vol. 342 No. 25

観察研究と無作為比較対照試験の比較
A Comparison of Observational Studies and Randomized, Controlled Trials

K. BENSON AND A.J. HARTZ

背景

 長年にわたって,観察研究では,無作為比較対照試験よりも大きな治療効果が得られるということがいわれている.そこで,われわれは,観察研究の結果を無作為比較対照試験の結果と比較した.

方 法

 the Abridged Index Medicus と Cochrane(コクラン)のデータベースの検索を行い,1985 ~ 98 年までに報告された観察研究で,同じ疾患に対する二つ以上の治療法あるいは介入を比較していた研究を探し出した.次に,これらの疾患について,同じ治療法を比較していたすべての無作為比較対照試験と観察研究を,MEDLINE および Cochrane のデータベースを検索して同定した.さらに,それぞれの治療法ごとに,種々の観察研究の治療効果の程度を Mantel-Haenszel または重み付け分散分析(ANOVA)の手法によって併合してから,それらと同じ治療法を評価していた無作為比較対照試験の併合した治療効果の程度と比較した.

結 果

 冠動脈疾患に対するカルシウム拮抗薬の治療,虫垂切除術,および生殖能力の低下に対する介入というような,領域の異なる 19 種類の治療法についての 136 件の報告論文を見つけだした.これらのほとんどの治療法では,観察研究と無作為比較対照試験から得られていた治療効果の推定値はよく似たものであった.すなわち,19 種類の治療法の効果を解析した結果,2 種類の治療法の解析においてのみ,観察研究の併合した治療効果の程度が,無作為比較対照試験の併合した治療効果の程度の 95%信頼区間を超えていた.

結 論

 1984 年以降に報告されている観察研究の治療効果の推定値が,無作為比較対照試験で得られた治療効果の推定値よりも,終始一貫して大きいというようなことや,あるいは質的に異なっているというようなことを示すような根拠はほとんど得られなかった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 1878 - 86. )