The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 3, 2000 Vol. 342 No. 5

小児の癌患者における終末期の症状と苦痛
Symptoms and Suffering at the End of Life in Children with Cancer

J. WOLFE AND OTHERS

背景

 小児において,癌は,事故に次いで第 2 位の死因である.しかしながら,小児の癌患者における終末期の症状や苦痛についてはほとんど明らかにされていない.

方 法

 ボストンの小児病院,ダナ・ファーバーがん研究所(the Dana-Farber Cancer Institute),またはこの両施設で医療を受け,1990 ~ 97 年の期間に癌で死亡した小児の両親を対象として,1997 ~ 98 年に面接調査を行った.さらに,医療記録の詳細な検討からもデータを入手した.

結 果

 適格であった 165 例の両親のうち,103 例(62%)に面接調査を行ったが,98 例は電話による調査,5 例は直接面談による調査であった.面接調査を行った時期は,平均(± SD)で,子供の死亡後 3.1 ± 1.6 年であった.これらの子供の約 80%は癌の進行(PD)による死亡で,残りは治療に関連した合併症による死亡であった.また,49%の小児が病院で死亡していた; これらの院内死亡のほぼ半数は,集中治療室での死亡であった.両親によると,89%の小児は,死亡前の 1 ヵ月間は,一つ以上の症状によって“随分”あるいは“かなり相当に”苦しんでいたということであった.その主な症状は,疼痛,倦怠感,あるいは呼吸困難であった.ある特定の症状に対して治療を受けていた小児のうち,疼痛は 27%の小児において,呼吸困難は 16%の小児において治療が成功していた.医療記録の検討からは,子供の倦怠感,食欲低下,便秘,および下痢の報告は,医師からよりも両親からが有意に多いようであった.疼痛による苦痛は,終末期医療の提供に担当医が積極的に関与してくれなかったと回答した両親の子供で,より大きいようであった(オッズ比,2.6; 95%信頼区間,1.0 ~6.7).

結 論

 癌で死亡する小児は,終末期にも癌に対する強力な治療を受けている.これらの小児の多くは,死亡するまでの 1 ヵ月のあいだにかなりの苦痛を経験し,しかも,それらの症状を巧く管理できないということも多い.したがって,癌による臨死状態の小児に対しては,緩和療法により大きな注意を払わなければならない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 342 : 326 - 33. )