The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 12, 2000 Vol. 343 No. 15

喘息の小児におけるブデソニドまたはネドクロミルの長期効果
Long-Term Effects of Budesonide or Nedocromil in Children with Asthma

THE CHILDHOOD ASTHMA MANAGEMENT PROGRAM RESEARCH GROUP

背景

 喘息の小児には,コルチコステロイドの吸入やネドクロミル(Nedocromil)のような抗炎症治療が推奨されているが,その長期使用についての情報は限られたものである.

方 法

 年齢が 5 ~ 12 歳までの軽症から中等症の喘息の小児 1,041 例を,ブデソニドの 200 μ g(311 例),ネドクロミルの 8 mg(312 例),プラセボ(418 例)のいずれかの 1 日 2 回投与に,無作為に割り付けた.そして,参加患児に対して,4 ~ 6 年間にわたって治療した.また,喘息症状に対しては,どの小児に対してもアルブタロールを投与した.

結 果

 主要転帰,すなわち気管支拡張薬を投与した後の最大努力呼気一秒量(FEV1,予測標準値の%割合として表示)の変化の程度については,どちらの治療にもプラセボとの有意な差は認められなかった.しかし,ブデソニドの治療に割り付けられた小児は,プラセボに割り付けられた小児と比較して,気管支拡張薬の投与前の努力肺活量(FVC,%割合で表示)に対する FEV1 の比の低下が有意に小さかった(FEV1 : FVC の低下,0.2% 対 1.8%).また,ブデソニドの治療を受けた小児は,メタコリンに対する気道反応性が低く,入院回数も少なく(100 人-年当り 2.5 対 4.4),急患で訪れることも少なく(100 人-年当たり 12 対 22),喘息症状に対するアルブタロールの必要性もはるかに減少し,プレドニゾンの治療コースも少なく,追加の喘息治療が必要となった日数の割合も小さかった.一方のネドクロミルでは,プラセボと比較して,急患での来院(100 人-年当り 16 対 22)とプレドニゾンの治療コースが有意に減少した.身長の平均伸長については,ブデソニド群がプラセボ群よりも 1.1 cm 少なかった(22.7 対 23.8 cm,p = 0.005); この差は,治療を開始してからほぼ 1 年以内に明らかになった.ネドクロミル群では,身長の伸びはプラセボ群と同程度であった.

結 論

 軽症から中等症の喘息の小児において,肺機能の改善ということに関しては,ブデソニドやネドクロミルがプラセボよりも優れているというわけではないが,気道反応性の改善と喘息の管理においては,ブデソニドの吸入のほうがプラセボやネドクロミルよりも優れている.しかも,ブデソニドの副作用は,成長速度の軽度で一過性の減速しか認められない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1054 - 63. )