The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 16, 2000 Vol. 343 No. 20

バベシア症の治療におけるアトバクオーネとア ジスロマイシン
Atovaquone and Azithromycin for the Treatment of Babesiosis

P.J. KRAUSE AND OTHERS

背景

 バベシア症は,ニューイングランド地方南部の動物の風土病として知られ,ダニに媒介されるマラリア様の疾患である.標準治療はクリンダマイシンとキニーネの治療コースであるが,この治療レジメンにはしばしば有害反応が発現し,ときに治療が失敗に終わることもある.代替治療として期待できるのは,アトバクオーネ(Atovaquone)とアジスロマイシンの併用治療である.

方 法

 マサチューセッツ州のナンタケット島,ロードアイランド州のブロックアイランド島,およびコネチカット州の南部において,生命を脅かすほどではなかったバベシア症の 58 例の被験者を対象として,二つの治療レジメンの非盲検法によるプロスペクティブ無作為試験を実施した.これらの被験者を,アトバクオーネ(750 mg を 12 時間ごとに投与)とアジスロマイシン(治療 1 日目は 500 mg,2 日目以降は 250 mg を投与)の 7 日間の治療(40 例),またはクリンダマイシン(600 mg を 8 時間ごとに投与)とキニーネ(650 mg を 8 時間ごとに投与)の 7 日間の治療(18 例)のどちらかに割りつけた.

結 果

 有害事象は,アトバクオーネとアジスロマイシンの投与を受けた被験者では 15%から報告されたのに対して,クリンダマイシンとキニーネの投与を受けた被験者では 72%から報告された(p < 0.001).アトバクオーネとアジスロマイシンの治療において発現頻度がもっとも高かった有害作用は,下痢と発疹であった(どちらも被験者の 8%); クリンダマイシンとキニーネの治療においては,耳鳴(39%),下痢(33%),および聴覚の低下(28%)であった.これらの症状は,アトバクオーネとアジスロマイシンの投与を受けた被験者の 65%と,クリンダマイシンとキニーネの投与を受けた被験者の 73%では,治療開始後 3 ヵ月までに消失した(p = 0.66).また,これらの症状が治療後 6 ヵ月まで残っていた患者は,どちらの群にもいなかった.割り付けられた治療レジメンが完了してから 3 ヵ月の時点には,どの被験者の血液にも,寄生虫は顕微鏡検査ではまったく認められず,Babesia microti の DNA も検出されなかった.

結 論

 バベシア症の治療におけるアトバクオーネとアジスロマイシンの治療レジメンは,クリンダマイシンとキニーネの治療レジメンと同程度の有効性があり,発現する有害反応が少ない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1454 - 8. )