The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 30, 2000 Vol. 343 No. 22

早期慢性関節リウマチの患者におけるエタナーセプトとメトトレキサートの比較
A Comparison of Etanercept and Methotrexate in Patients with Early Rheumatoid Arthritis

J.M. BATHON AND OTHERS

背景

 腫瘍壊死因子(TNF)の作用を遮断するエタナーセプト(Etanercept)は,長期間持続している慢性関節リウマチ(RA)の患者において,疾患の活動性を低下させる.しかしながら,活動性早期慢性関節リウマチの患者における,その活動性の低下および関節障害の予防に対する有効性は不明である.

方 法

 早期の慢性関節リウマチの患者 632 例に,エタナーセプト(10 mg または 25 mg)の 1 週間に 2 回の皮下投与,またはメトトレキサート(1 週間の平均投与量,19 mg)の 1 週間に 1 回の経口投与のどちらかの治療を 12 ヵ月間行った.臨床効果は,米国リウマチ学会(the American College of Rheumatology)の基準に従って評価した慢性関節リウマチの活動性のパーセント改善度と定義した.骨侵食と関節腔の狭小化は,X 線写真で測定し,Sharp 尺度を用いてスコア化した.この尺度における 1 ポイントの増加は,1 個の新たな侵食病変の出現または最小限度の狭小化を表している.

結 果

 エタナーセプトの 25 mg 用量の治療を受けた患者は,メトトレキサートの治療を受けた患者と比較して,改善の速度が速く,治療開始後 6 ヵ月間においてリウマチの活動性が 20%,50%,および 70%改善した患者が有意に多かった(p < 0.05).侵食スコアの平均増加は,治療開始後の 6 ヵ月間では,エタナーセプトの 25 mg 投与に割り付けられた群が 0.30,メトトレキサート群が 0.68 であった(p = 0.001).治療開始後の 12 ヵ月間では,それぞれ 0.47 および 1.03 であった(p = 0.002).また,侵食スコアが増加しなかった患者は,エタナーセプトの 25 mg 用量の治療を受けた患者では 72%であったのに対して,メトトレキサート群の患者では 60%であった(p = 0.007).さらに,このエタナーセプトの 25 mg の患者群は,メトトレキサートの治療を受けた群よりも,有害事象の発現も(p = 0.02),感染症の発症も(p = 0.006)少なかった.

結 論

 活動性慢性関節リウマチの早期の患者において,エタナーセプトの静脈内投与は,メトトレキサートの経口投与と比較して,症状をより速やかに軽減し,関節障害の進行を遅らせた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1586 - 93. )