The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

July 20, 2000 Vol. 343 No. 3

無症候性成人を対象とした結腸直腸癌のスクリーニングのための大腸内視鏡検査の施行
Use of Colonoscopy to Screen Asymptomatic Adults for Colorectal Cancer

D.A. LIEBERMAN AND OTHERS

背景

 結腸直腸癌のスクリーニングにおける大腸内視鏡検査の役割は,明確にはされていない.

方 法

 そこで,在郷軍人医療センターの 13 施設において,進行結腸腫瘍の有病率と発生部位,また,遠位結腸に腫瘍を有する,あるいは有していない無症候性の患者(年齢範囲,50 ~ 75 歳)における近位結腸の進行腫瘍のリスクを調べることを目的として,大腸内視鏡検査を実施した.進行結腸腫瘍の定義は,直径 10 mm 以上の腺腫,繊毛状腺腫,高度異形成の腺腫,または浸潤癌とした.なお,複数の腫瘍性病変を有していた患者については,もっとも進行した病変に基づいて進行結腸腫瘍の分類を行った.

結 果

 本研究では,組み入れのためのスクリーニングを 17,732 例の患者に実施し,そのうちの 3,196 例を研究に組み入れた; 組み入れた患者の 3,121 例(97.7%)には,結腸全域の検査を行うことができた.これらの患者の平均年齢は 62.9 歳で,その 96.8%は男性であった.大腸内視鏡検査で 1 個以上の腫瘍性病変が発見された患者は 37.5%で,直径が 10 mm 以上の腺腫または繊毛状腺腫が 7.9%,高度異形成の腺腫が 1.6%,浸潤癌が 1.0%であった.左結腸曲よりも遠位の結腸部分にポリープがまったく発見されなかった 1,765 例の患者では,48 例(2.7%)に,近位結腸に進行腫瘍の発生が認められた.一方,遠位結腸に大きな腺腫(≧ 10 mm)あるいは小さな腺腫(< 10 mm)が発見された患者では,この遠位結腸に腺腫が発見されなかった患者よりも,近位結腸に進行腫瘍が発生している傾向が高かった(オッズ比,≧ 10 mm および< 10 mm の腺腫のそれぞれで,3.4[ 95%信頼区間,1.8 ~ 6.5 ]および 2.6[ 95%信頼区間,1.7 ~ 4.1 ]).しかしながら,近位結腸に進行腫瘍が発見された 128 例の患者では,その 52%は遠位結腸には腺腫は発生していなかった.

結 論

 大腸内視鏡検査を用いたスクリーニングによって,無症候性成人の進行結腸腫瘍を発見することができる.しかも,このスクリーニングで発見される腫瘍の大半は,S状結腸鏡検査ではおそらく発見できないだろうと考えられる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 162 - 8. )