The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

July 6, 2000 Vol. 343 No. 1

ゴナドトロピンによる卵巣刺激後の高度多胎妊娠のリスクを低下させる
Reducing the Risk of High-Order Multiple Pregnancy after Ovarian Stimulation with Gonadotropins

N. GLEICHER, D.M. OLESKE, I. TUR-KASPA, A. VIDALI, AND V. KARANDE

背景

 不妊症治療後の多胎妊娠の発生は,ゴナドトロピンによる排卵誘発治療を受けている女性でとくに高くなっている.高度多胎妊娠(3 児以上の妊娠)の発生数を減少させられるかどうかはわかっていない.

方 法

 1,494 例の不妊症の女性に実施された 3,347 サイクルの連続した治療データを解析した.なお,妊娠にいたったのは,このうちの 441 治療サイクルであった.収集したデータは,エストラジオールの最高血清中濃度,直径 16 mm 以上の卵胞数,およびヒト絨毛性ゴナドトロピンによる排卵誘発日の総卵胞数などであった.そして,多胎受胎の予測値の同定には,受信者動作特性曲線および順序尺度として扱ったロジスティック回帰分析を用いた.

結 果

 441 件の妊娠の内訳は,314 件が単児受胎による妊娠,88 件が 2 児受胎,22 件が 3 児受胎,10 件が 4 児受胎,5 件が 5 児受胎,そして 2 件が 6 児受胎による妊娠であった.大きさが 16 mm 以上の卵胞の個数にも,またエストラジオールの 2,000 または2,500 pg / mL(7,342 または 9,178 pmol / L)(現在広く使用されているカットオフ値)を超えた最高血清中濃度にも,高度多胎妊娠の発生との有意な関連は認められなかった.しかしながら,総卵胞数の増加およびエストラジオールの最高血清中濃度の上昇には,高度多胎妊娠のリスクの上昇との有意な相関が認められ(p < 0.001),これは若年齢でも同様であった(p = 0.008).高度多胎妊娠のリスクは,エストラジオールの最高血清中濃度が 1,385 pg / mL(5,084 pmol / L)以上(多変量オッズ比,1.9; 95%信頼区間,1.3 ~ 2.8),あるいは排卵誘発日の卵胞数が 7 個以上(多変量オッズ比,2.1; 95%信頼区間,1.2 ~ 3.9)の女性で有意に上昇していた.

結 論

 不妊症の女性における高度多胎妊娠は,現在慣習的に行われているものほど強力ではないゴナドトロピンの卵巣刺激によって,その発生を減少させることができるかもしれないが,その程度には限界があり,全体の妊娠率の低下という代償も伴うだろう.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 2 - 7. )