The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 21, 2000 Vol. 343 No. 12

運動誘発性の心室期外脱分極のある無症状の男性の長期転帰
Long-Term Outcome in Asymptomatic Men with Exercise-Induced Premature Ventricular Depolarizations

X. JOUVEN, M. ZUREIK, M. DESNOS, D. COURBON, AND P. DUCIMETIERE

背景

 運動負荷試験は冠動脈疾患の診断に広く使用されているが,運動によって心室期外脱分極が誘発された無症状の人々の長期転帰については明らかとはなっていない.われわれは,パリ前向き研究 I(the Paris Prospective Study I)のデータを用いて,このような人々の長期転帰について評価した.

方 法

 1967 ~ 72 年に,合計で 6,101 例の臨床的には検出可能な心血管系疾患が存在していなかった無症状のフランス人男性(42 ~ 53 歳)に,標準化された段階的運動負荷試験が行われた.その結果に基づいて,これらの被験者を頻発性心室期外脱分極の有無によって前向きに分類した(頻発性の定義は,30 秒間づつ記録した心電図のいずれかに 2 連発以上の心室期外脱分極が存在している場合,あるいは心室期外脱分極がすべての心室脱分極の 10%を超える場合とした).

結 果

 運動中に頻発性の心室期外脱分極が発現した被験者は 138 例であった.23年間の追跡調査を行った結果,これらの被験者は運動中に頻発性の心室期外脱分極が発現しなかった男性よりも,心血管系の原因によって死亡するリスクが高かった(相対危険度,2.67; 95%信頼区間,1.76 ~ 4.07).多変量モデルでは,標準的な冠動脈疾患の危険因子と運動前および運動からの回復時における心室期外脱分極の有無で補正した場合にも,運動誘発性の虚血と運動中の頻発性心室期外脱分極の発現のどちらも,心血管系の原因による死亡のリスクの上昇との独立した関連が認められ,その相対危険度も同程度であった(それぞれの相対危険度は 2.63[ 95%信頼区間,1.93 ~3.59 ]および 2.53[ 95%信頼区間,1.65 ~ 3.88 ]).

結 論

 無症状の中年男性における運動中の頻発性心室期外脱分極の発現は,心血管系の原因による死亡の長期にわたるリスクの上昇に結びついている.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 826 - 33. )