The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 21, 2000 Vol. 343 No. 12

自己免疫性自律神経ニューロパシーにおける神経節アセチルコリン受容体に対する自己抗体
Autoantibodies to Ganglionic Acetylcholine Receptors in Autoimmune Autonomic Neuropathies

S. VERNINO AND OTHERS

背景

 特発性自律神経ニューロパシーは,基礎に自己免疫が関与しているのではないかと考えられている重症の亜急性障害である.そして,この自律神経ニューロパシーは,肺癌やその他の腫瘍を随伴することがある亜急性の自律神経ニューロパシーとは区別不能である.この病因の可能性としては,自律神経節にあるニコチン作動性のアセチルコリン受容体に特異的な自己抗体が考えられているが,この自己抗体は,さまざまな病型の自己免疫性自律神経ニューロパシーの血清マーカーとして利用することができるかもしれない.

方 法

 今回は,自律神経障害の病型の一種に分類された患者 157 例から採取した血清を用いて試験した.神経節の受容体に結合あるいは受容体を遮断する自己抗体の検出には,ヨウ素 125(125 I)で標識したエピバチジンと可溶化したヒト神経芽細胞腫のアセチルコリン受容体との免疫沈降分析を用いた.

結 果

 神経節-受容体結合性抗体は,特発性または腫瘍随伴性の自律神経ニューロパシーの患者 46 例中の 19 例(41%)と,体位性頻脈症候群,特発性胃腸管運動障害,あるいは糖尿病性自律神経ニューロパシーの患者 67 例中の 6 例(9%)に検出されたが,その他の自律神経疾患の患者 44 例には 1 例にも検出されなかった.受容体結合性抗体の濃度が高くなると,それに相関して自律神経の機能障害(緊張性瞳孔の発現も含む)の程度が重症になっていった.臨床所見に改善が認められた患者では,これらの抗体の濃度が低下した.神経節-受容体遮断性抗体は 7 例の患者に検出されたが,これらの患者は,その全例に神経節-受容体結合性抗体も検出され,しかも特発性あるいは腫瘍随伴性の自律神経ニューロパシーの患者であった.

結 論

 神経節のアセチルコリン受容体に結合,あるいはそれを遮断する抗体の血清陽性化によって,さまざまな病型の自己免疫性自律神経ニューロパシーの患者を同定することが可能なので,自律神経障害の他の病型から区別することができる.神経節-受容体の抗体の濃度と自律神経の機能障害とのあいだに認められた正の相関関係は,これらの抗体がこの種の病型のニューロパシーの発病に役割を担っているということを示唆している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 847 - 55. )