The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

October 4, 2001 Vol. 345 No. 14

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

多剤耐性大腸菌(Escherichia coli)の一つのクローン群によって発生した尿路感染症の広域な分布
Widespread Distribution of Urinary Tract Infections Caused by a Multidrug-Resistant Escherichia coli Clonal Group

A.R. MANGES AND OTHERS

背景

大腸菌(Escherichia coli)の抗菌薬耐性株の保菌率が上昇しているため,尿路感染症の管理が複雑になっている.市中(院外)で感染した尿路感染症の女性から分離されたトリメトプリム・スルファメトキサゾール耐性 E. Coli 株について,そのクローン組成を検討した.

方 法

カリフォルニア州の大学地域社会において,尿路感染症の女性から前向きに収集した E. Coli の分離株について,抗菌薬に対する感受性,O : H 血清型,DNA フィンガープリント,パルスフィールドゲル電気泳動のパターン,および菌力因子の評価を行った.抗菌薬耐性クローンの保菌率および特徴を,この分離株群と,ミシンガン州およびミネソタ州の比較コ ホートから得られた分離株群において評価した.

結 果

カリフォルニア州のコホートから分離された 255 株の E. coli のうち 55 株(22%)が,他の抗菌薬と同様に,トリメトプリム・スルファメトキサゾールにも耐性化していた.DNAフィンガープリントには共通のパターンが認められ,55 株のトリメトプリム・スルファメトキサゾール耐性分離株のうちの 28 株(51%),および無作為に抽出した 50 株のトリメトプリム・スルファメトキサゾール感受性分離株のうちの 2 株(4%)において,これらの分離株が同じクローン群(クローン群 A)に属することを示唆した(p<0.001).さらに,ミシガン州のコホートから分離された 29 株の耐性株のうちの 11 株(38%),およびミネソタ州のコホートから分離された 18 株の耐性株のうちの 7 株(39%)が,クローン群 A に属するものであった.クローン群 A のほとんどの分離株は,血清型が O11 : H(nt)または O77 : H(nt)であり,菌力因子,抗菌薬に対する感受性,および電気泳動特徴のパターンが類似していた.

結 論

地理的に異なった三つの地域社会において,トリメトプリム・スルファメトキサゾール耐性 E. Coli 株によって発症した女性の市中尿路感染症の半数近くが,単一のクローン群によって説明されるものであった.この E. Coli の A クローン群の広域な分布と高い保菌率は,公衆衛生上,大きな意味をもっている.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 345 : 1007 - 13. )